15/07/11 23:33

芍薬その後

昨年苦戦して植えた芍薬。

苗が来るのが遅かったのと、地震と早い大雪とであわてた様子はこちら

春、雪が融けてみるとこんな状態。

 

それを5月に植え替えてこんな圃場になった

というか、だいたい春に植え替えるというのが間違いのもとかな。

 

梅雨に入り、花の部分が枯れて落ちる現象が見られた。

ほとんどの芍薬がこの病気に感染している模様。

農業改良普及センターへ写真を送って診断してもらった。

「灰色カビ病」と診断された。

農協へ行って相談、ちょうど居合わせた農薬メーカーの人が写真を見て「あ、これは灰色カビ病ですね」といって農薬を教えてくれた。

 

まずは病巣の切り取り。

教わった通りスパッと切ってしまう。

そして切った部分は菌を持っているので焼却処分。

 

そのあと殺菌剤の散布。

今年は噴霧器が大活躍。除草剤に殺菌剤。

 

これは植えてあるひとつ、夕映の画像。

こんなふうになるのかな・・・

648063

カテゴリ[ 百姓]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません