15/07/18 10:02

しろうま祭

長野県白馬高等学校

地域の少子化に伴い、学校の存続が危ぶまれていたが来年より国際観光学科を新設し、全国から募集することが決まった。

観光地白馬の中心に位置し、目前に八方尾根スキー場を有し、白馬三山に抱かれたすばらしい環境の学校である。

 

その文化祭、しろうま祭に吹奏楽部の応援として小谷吹奏楽クラブが今年も参加させてもらった。

 

先生が叩いてるドラムセット。かわいい!

ちゃんとステージではホンモノを叩く。この先生、指揮指導はもちろん、ドラムセットや木管楽器もこなすツワモノである。

 

でも残念ながら部員は5人。

中学時代に吹奏楽をやっていた生徒はかなりいるはずだが、田舎の中学は部活選択肢が少ない。そこで高校へ行くと同時に違う部活を楽しんでみたいのは無理からぬこと。

挨拶をする高校生代表。

 

この日はいつもよりいい演奏ができた・・・つもり。自己満足♪

 

異色のcello弾きは映画「アラヤシキの住人たち」のヒーロー。

 

ステージが終わって校内を見ると、そば! 食べてみようか。

彼の手つきを見ていて、おいおい、それでいいのか???

 

おそば!・・・らしきモノが出てきた。

風味はいい。さすが手打ち。

まいいか、100円♪

 

最高の環境に最低の生徒数のいま。

来年も来させてくれよ〜♪

そして数年後は、自分たちで十分です!と言ってほしい。

652849

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません