16/01/09 21:31

歳の神-どんど焼き

歳の神。賽の神?幸の神?

諸説あるようだが、せえのかみ。

今年は異常な雪不足。例年だと除雪機2台くらいで秋に立てた茅を掘り出すのだが、今年はかんじきで踏めば十分。

 


この日だけ使うかんじき。

 


1年飾ってあったわが家のだるま様。

去年の慶事は娘の結婚、息子たちの就職内定、地震からの家の復旧。

それらに感謝して両目を入れた。

それを茅と一緒に焚き上げる。

 


準備は明るいうちに地区内総出で行う。といっても8戸だけ。

 


雪が少ないのでその辺からかき集めて祭壇とお立ち台を作った。

 


祭壇にはみんなが持ち寄った道祖神とお神酒が進ぜられる。

 


点火!

今年の空きは北東、というようなことで北東側から点火。

 


書初めを棒で火の上に揚げる。これが高く揚がると字がうまくなるんだとか。

 

火が回ったら今度はみんなでお神酒で乾杯。

今年もよい年でありますように。

 


お立ち台から厄払いのみかん?をまく。

昔は厄年の人がこれをやったが、人が少なくなった最近は年男、年女、ほかになにか慶事などあった家庭でまくようになった。

まく物もミカンに限らず、お菓子、おひねり、雑貨など様々で楽しい。

 


子どもたちはモノが飛んでくると我先に拾う。これを見ているのも楽しいもの。

自分も今年は還暦なのでミカンをまいて厄払いをしてもらった。

 


火がおとなしくなったころ、持ち寄った団子を焼く。

この団子を食べれば1年間健康で過ごせるとか。

どうか健康で平和に過ごせますように。

849391

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません