16/08/14 13:15

育成会の水遊び

暑い夏。今年も目いっぱい暑い日が続く。

そんな暑い夏に小谷村青少年育成会では3つの水遊び行事を行った。

 

まずは高森町との交流キャンプ。


高森といえば天竜川でのチューブ下り。

小谷では体験できないこの遊び、今回は小谷から子ども19人が参加。

そしてこの笑顔!

 

キャンプといえばファイアーストーム。

火とは不思議なもの。子どもも大人も火の前に集まり、何ともいえぬ一体感を覚える。


マイムマイム、ダンスにのって火のまぎわまで寄りすぎ!このガキどもは!

 


小谷の子どもたちは得意のケン玉の技を披露♪

 


二日目は魚のつかみ取り。

串を削り、魚を獲り、腹を出し、火を起こして魚を焼く。すべて自分で行う。

これが昼飯。

そして交流キャンプは終了。


二日後、今度は地元木崎湖でカヌー体験。いそがしいこっちゃ・・・

大町教育委員会のスタッフの方から説明を受け、いざ漕ぎ出す。


早くも1艘転覆。おーい早すぎるぞ。

ライフジャケットのおかげで大事はない。

 


ヨーソロ!

 


終わって早速水遊び。

そして焼肉。準備する役員さんは大変。


それから10日、第3弾は魚のつかみ取り。

千国会場と、今年は水のぬるい中谷会場を北小谷へ移動しての開催。

 

北小谷土沢。

この沢は名前に反して、いかな大雨でも決して濁らないといわれる清流である。

水温、透明度とも問題はないが、難をいえばやや水量が多く流れも速い。水量を調整できるバイパスがない。


魚を放してみる。

これ大丈夫かや?こりゃつかまらねえぞ、と言いながら。

 


それが意外と大勢の来場者。大人子ども合わせて70人余り。

広いと思っていた会場はたちまち人でいっぱいに。

 


こんな本気でかかるのは子どもばかりではない。

大人も負けじと捕まえる。

 


幼少の子どものために一部の方が小さな水たまりを作ってくれた。

ここへタモアミですくった魚を少し泳がせ、幼少に体験させる。

大勢に追い回され、泳ぐこともできなくなった魚も哀れではある。


これで夏休みの大きな行事は終わり!

暑くて好天の今年の夏、子どもたちの夏休みはいつもよりも長く、あちこち連れまわされる親たちは大変。

真っ黒に日焼けして、いい思い出いっぱい作ってほしい。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=43467

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません