16/09/25 21:50

かぼちゃ種採り

数年前から取り組んでいる種採り。

農協が推進し、うまくいけばいい金になるいわゆるハイリスクハイリターン。

高齢化、耕作放棄地の増加に悩む小谷村には正に「適地適作」といえるのかな。

国産の野菜の種子不足に悩む種苗メーカーは山奥に目を付けた。たしかに種を買ってもアメリカ産などのタネが多い。なぜ山奥かと言えば、作付け作物が少ないために雑交配の可能性が低いからである。

真面目に取り組み、よい種ができ、雑交配がなく、発芽率がよければいい金になる。しかしそれらの率が下がれば低価格、場合によっては収入0円となる。

 

昨年は接木用かぼちゃ、一昨年は白瓜に取り組んだ。


5月8日、農協から種が届いた。今年は食用かぼちゃ。

早速苗起こしから始める。


種を撒いて真っ先の潅水は酢の入った水を使う。

 


5月26日の画像。一斉に芽を出している。

カスミンボルドー(殺菌剤)散布。

 


6月4日、定植。

畑には2週間ほど前までにあらかじめ施肥(苦土、堆肥&金肥)を済ませ、マルチをかぶせてある。

しかしこれでは株間、畝間とも短いと農協に叱られる。そしてその通りの混み合いとなった。

 


6月26日、大きくなった♪

 


7月1日、上畦側が水はけが悪いと指導を受け、植えたのを1列廃棄した。発芽率の悪いものを少しでも減らすために。

 


7月2日、ここで殺菌剤を再度散布。

 


7月11日、花が咲き蜂が頻繁に通うようになる。この蜂はせっせと蜜を集めるだけで人を刺すようなことはない。

大切な受粉媒体である。

 


8月6日、赤い実がところどころに目立つようになってきた♪

 


同時期、やや病気気味、遅いかもしれないが殺菌剤散布。
 

 


8月27日、頃合いはよし!収穫を開始。

結実の密度は少なく、作業は思いのほか楽であった。

 


収穫量は3m四方のシート1枚分。昨年の半分以下である。

それからしばらく追熟させる。

 


9月18日、実抜きを始めた。ちょい遅気味か。。。
 

種に傷をつけないため刃物で割ることはしたくなかった。そこで考えたのが、かぼちゃ用の押し鎌の刃を付け替えて上向きに。その上をかぼちゃを転がして果肉部分のみを切るために、必要以上刃が食い込まないよう刃の両側に木の台をつけた。

これ、なかなかスグレモノ。

 


それを板の上でたたきつけると、こんな風に割れた。

 


そうして実の部分をえぐり、果肉部分は廃棄。実の部分はえぐった果肉がついたまま、一昼夜水につけておけば流水だけで果肉は溶けて流れた。これも去年のかぼちゃよりもかなり楽だった。

洗った種をしばらく水に漬けておくと一部は浮き、一部は沈む。この沈んだ種のみが出荷対象となる。

3分の1くらいは廃棄対象となったか。

 


出荷対象とした種は洗った後スタークロンG溶液で殺菌する。

その後は乾かす!

 


コンパネの上に蓆を敷き、扇風機で煽る。この種の量は去年よりもかなり多い。

 


数日乾かし、乾燥したら今度は唐箕で煽る。

さてどれだけのタネが残るのか。雑交配は?発芽率は?

そして¥¥¥?

今年は昨年よりもかなり真面目にやってるつもり。ハイリターンなるか。。。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

やった!
発芽率99%!最高級をいただいた。
当然ハイリターンではあるが、仕事が楽なだけあって単価は安い。
でも誉められていい気分〜♩
投稿者: sasarahf   16/12/21 12:14


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=43745

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません