16/10/23 22:11

掘り取り機

あ、やられた!

何者かがうちのナメコを食った。もっとも散らかした程度で、やはりナメコじゃ腹はふくれないらしい。


現場に残された犯人の足跡。鹿か、カモシカか。周囲の状況からみてイノシシではなさそう。

 

さて最近めずらしい農機を入手した。


これがその機械。掘り取り機。

本来はサツマイモなどの掘り取りに使われるもの。

これを何に使うのかといえばイモはもちろん、そのほかにも今後の作付け如何で利用価値は膨らむが、今回最大の狙いはマルチ剥ぎ。

 

マルチといっても馬鹿にするなかれ。

ここ数年、採取を始めてからマルチの面積は10a以上になる。そしてこのあたりの赤粘土はいったん噛んだマルチを簡単には放してくれない。


張るときは条件のいい日に機械で行うのでまだいい。

 


今年はこれだけの面積だった。

秋になって収穫が終わってマルチを剝がそうとしても、粘土が固くなってからは簡単には取れず、スコップなどで土を掘りながら取るのは大変な労力である。

昨年の分はついにユンボまで持ち出し、それでも手間がかかった割に完全には除去できなかった。

 


それに懲りて、家庭用のわずかな面積はマルチ抑えを使用することにした。

しかし、産業としてのマルチはそれでは手間がかかりすぎ、何かないかと探していたところ件の機械を運よく入手することができた。

 

さてその効果は。。。


やっぱり周囲に作物の残骸が残っていると、それらが引っかかってうまくいかない。まずそれを掃除。

 


挑戦開始!後ろ(運転手側)からみた図。

 


前面側。

前輪と後輪(駆動輪)の間にある刃が地中に潜り、土をほぐしている。

機械を入れる前のマルチの上は固いが、機械が通った後はフカフカである。

 


何度かやってみて、これがベスト!と思われる調整。

 


刃はバイブレーターになって土に潜るので一番強くしておく。

 

そして結論は、見事!ほとんど無傷でマルチを回収できた。

この作業が何かを産むわけではない。しかしやらなければならない作業、手作業で時間をかけていたらマルチ剥ぎだけで人件費は数万円にもなろう。

これで心配事がひとつなくなり、来年の作付け計画がぐっと楽になる。

 


まるで大農経営(^^;)

 

カテゴリ[ 百姓]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません