17/01/26 23:10

土谷古老語り

1月12日ころからの雪はほぼ休みなく2週間近く降り続き、昨年に続く寡雪かと思われた冬は見事に大雪となった。

雪はこの雪国だけではなく、鳥取、岡山などで立ち往生する車が長蛇の列となり復旧には何日かを要した。

 

そんな大雪の中、わが土谷地区ではお年寄りを囲んでの昔を語る会が開かれた。

 

土谷地区を中心とした子育て世代のママさんたちが組織する「つなぐ会」。それと「ひなたっ子の会」。

この人たちは年に何度かいろいろな企画をしているが、今回は初めての「古老語り」と言ってもいいのかな・・・

 

 

さすが女性が多い会は自然とたくさんのごちそうが並ぶ。

 

 

コーディネーターがひとつづつテーマを示し、それについてみんなで語る。

年寄りに昔話、それはさながら鬼に金棒。集まった聞き手は若いだけでなく、他所から来た人が多い。昔の不思議とも思える話にカルチャーショックを受けたことだろうか。

 

例えば「冬の学校、どうやって行ったか」

今とは通学区も違い、車もなく、というか冬は道もなく、濡れない衣服もない。

更に今は絶えて消滅した集落もある。

親たちが朝早くカンジキで道踏みをして、といっても男衆は酒屋奉公でいない。かあちゃんたちがえらい目にあった。

 

などと老人たちが語る。

私の子どものころはそんな状況であり、子どもだったからその苦労は知らないが、景色は見える。

 

おそらくお年寄りがいくら言葉をつくしても、伝わるイメージは経験した人と聞くだけの人とではまったく違ったものであろう。

でもそれはいつの時代でも同じ。間違って伝わったり是正されたりしながら、実は若干違うものが言い伝えられてきたことだろう。

 

人の話など退屈なものだが、それを敢えて聴こうとする姿勢に彼女らのこの地で生きる意気込みを感じる。

お年寄りを敬い、子どもたちに未来を示す重要な感度を培ってくれることと感じる。

かく言う自分はただ毎日だらだら過ごすだけ。

がんばらなきゃ。

1256918

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません