17/04/24 20:34

10回目の長野マラソン

長野マラソン、今回は記念すべき10回目🎵

10回ということは下のような銀色のナンバーカードがもらえる。ちなみに全回出場がゴールドカード。

 

思えばよく出たもの。初めてのフルマラソンも長野。ちょうど10年前。

その時の記録 ↓ が最高記録、以後4時間を切ったことはない。

 

この10年の間に走ったフルは15回。長野が10回、それに福知山、河口湖、京都、富士山、奈良。霞ヶ浦もエントリーしたのだが東北の震災で中止になった。

 

前日の受付。


綿半のブースで何気なくつかまり、写真を撮られて景品をもらった。

 

さて10回記念のウェアは・・・ちょっと悩んだが、娘が還暦にくれたオリンピックレプリカ。

ちょっと悩んだのは、やっぱり足が遅いから、というか今回ばかりは完走の自信がない。

 

さて当日朝。

10年前の初マラソンと同じく、妻に頼んで朝食は御雑煮を作ってもらった。感謝🎵


出発前の家からの景色。

 


スタート会場。

 


野球場のトイレ待ちの列。ここはトイレの数は少ないが、ウォッシュレットがあり中がきれい。向こうの臨時トイレのような糞まみれ悪臭なんてことはない。

 

そして8:30スタート。

この日はスタートから寒くはなく、10kmくらいには汗いっぱい。そして徐々に重なる疲れがダメージを表に出すのは意外と早く、13kmで一気にペースダウン。

あとはただただ、ひたすらただただ、下を向き、前の人の足を見て走るだけ。


珍しくテレビに映っているのを妻が発見した。オレンジのハチマキ。

 

34km地点となる岩野橋の関門。

その1kmほど前で選手に声をかけている青年がいた。

「ここから1km、あと6分ですよ。楽勝楽勝、まだ間に合いますよ!」

疲れと暑さで朦朧としている頭でもそれが難しいのはわかった。元気な時なら6分あれば十分間に合う。しかし今は歩かず進むのがやっと。

100mほど向こうに関門が見えた時、カウントダウンが聞こえた。5・4・3・・・はい終わりです〜!

 

ついに、ついに捕まってしまった。フルマラソンでDNFは初めてのこと。

これが関門に引っかかるということなのか。なんか情けない。。。

後ろを振り返ればまだまだ大勢のランナーが走ったり歩いたりしている。

 


今回使用したのは6年ほど前のターサーブリッツ。最近のライトレーサーがあったのだが、古くともターサーは違う!のろくてもターサーでいいのだ!

いつも右足指にできるマメが左足にできたのも今回のレースの特徴。

 


はぁ〜〜〜。フルマラソン、走れなくなってみれば5時間で42km走るってすげえことだ!

 

何をする気力もなく、もらったおにぎりを食べて着替えもせず、Tシャツ短パンでカードつけたまま家まで帰ってシャワーを浴び、そのまま昼寝zzz

 

しばらくは走る気にはなりそうもない。

といっても悪夢の4月、毎夜の会議に飲み会、走っているヒマなどない。

まだレース出るだろうか。

1342563

 

 

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=45100

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません