17/06/22 20:55

愛車逝く

日産ティアナ250。

平成15年車。

平成18年に中古で購入、以来10年余り愛用してきた。

 

とっても具合がよく性能もよく、スタイルも乗り心地もこれ以上ないクルマだった。

特に冬は安定性がよく、電気系統も申し分なく安心して乗ることができた。


小海町へ雪上トライアスロンに出かけた零下15度の早朝。

 


名古屋での娘の結婚式会場にて。

 


今年の長野マラソンにて。

完走できず、疲れ果ててクルマの中でぐったり。

 

今年春、妻のエブリィがダメになり、最近スペイドの新車を購入。

この時点で実はティアナは必要なくなった。

子どもたちがいなくなって遠乗りする機会もなく、運転手もいないのに車ばかりあっても困る。

妻の足代わりのスペイドがあれば遠乗りもできる。他に軽トラがあれば十分。3ナンバーのクルマが1台あれば車税、車検、保険などの維持費だけで年間15万円程度の経費がかかる。ティアナを手放そうかとも考えていたのだが、まだまだ魅力たっぷりのこのクルマを手放す決心はなかなかつかない。

初年度登録からはすでに14年が経過しているので査定は当然鉄くず、しかし同じクルマを買おうと思えば20万くらいはかかるだろう。

ディーラーとティアナを手放そうかと相談しているときにそれは起きた。

スペイドが納車されて数日、ティアナの後ろでキュッキュッと音がする。それ以外におかしい点は感じなかったが、気になったので工場で診てもらった。

工場の答えは、こりゃダメだわ・・・

サスペンションを支えるフレームが老朽化で陥没していると。修理方法はない、とも。

 

はぁ〜、こんなに見かけも性能もいいのにダメなのかぁ。

去年軽トラを車検に出したら、限界だと帰ってこず、今年の春はエブリィを修理に出したらそれも返らず、そして今回はティアナが逝ってしまった。

 


ディーラー前で愛車との最後の撮影。

本当にいいクルマだった。

こういうものにあまり執着しないタイプなのだが、今回は心が残る。

1389007

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません