17/06/30 21:45

芍薬(しゃくやく)

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

そんな風に形容されるように芍薬はとてもきれいな花。

芍薬と牡丹、なんでも芍薬は草であり、牡丹は木だとか。

 


4月末、少しずつ芍薬が芽を出し始めた。

この芍薬は2014年晩秋に入荷した根を突貫で植え、次の年に植え替え、それから3年余り培養して今年の春、初めて売りに出した。

その時の記事はこちら。それと植え替え

 


5月連休。芽が大きくなると同時に草も伸びてくる。当然草の方が成長が早い。

ここで除草剤を起用。芍薬にかからないよう傘をかぶせながら、今回はバスタを散布した。

 


5月末、つぼみが膨らんできた。

 


栄養を一つの花に集中させるために脇芽は切る。
 

 


6月初旬。大きく育った茎は風で倒れてしまうため、支柱で支える。

 


そして6月9日、初収穫!これは「春の粧」

わずか12本ではあるが直売所に並べてみた。しかし単価が高かったせいか(3本430円)、完売できず。

 


その頃家の庭の芍薬はこんな真っ盛り。陽当たり?標高?

 


6月中旬。採りごろとなった。これは「夕映え」

採るのは株の約半分程度。残りはつぼみだけを切り取り、その分の栄養を根に回し葉を多く残して光合成を促進する。

 


「夕映え」と白いのが「信濃の月」。今年の最盛70本ほど。

 


直売所に出荷した芍薬。とりあえずライバルはいない。

 


培養のために花だけ切り取ってきたつぼみは妻が平らな鉢に活け、こんなきれいな花を咲かせた。

これは「夕映え」だが、白い「信濃の月」はとてもいい匂いがした。

 

水揚げ。

切ってきた花の水揚げは、切り口を焼き(煮ても可)葉の一部を落とす、らしい。


この3枚ある葉っぱの

 


真ん中の葉を手で取ってしまう。

 

芍薬はつぼみの周りに蜜があり、それを洗い落とした方が咲き方が早いとか。

わが家のつぼみは、その蜜をアリが寄ってきてなめている。なのでアリがいっぱいいる花のアリを払い落とし、採ってくれば花はすぐに咲くのである。

 


今期最後の花「滝の粧」

 


収穫を終えたあと、しばらくして畑に行ってみたら採り残した花が一輪。けなげ♡

 

今期の出荷数。

6月9日   春の粧  3本入れ 4 430円

6月17日  夕映え  3本入れ 12

      信濃の月 3本入れ 4

      ミックス 3本入れ 6 各350円

6月23日  滝の粧  3本入れ 5 350円

合計 約100本の出荷。

今年の秋は株分けに挑戦する。

1391715

カテゴリ[ 百姓]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=45401

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません