17/03/09 22:13

山の音楽家は30歳♪

吹奏楽団「山の音楽家」

昨年12月に創立30年を迎え、今年は第30回定期演奏会を予定している。

そして遅まきながら、今年6月には記念式典と記念冊子の刊行を予定している。

 

下の画像は20回記念演奏会のとき。


自分が写っているものを載せてみた。

悲しいかな、この写真に写っている人たちは今ほとんどいない。

 


ホール満員のお客様。

今はここまでは入らない。このころが来客数のピークだったか。というよりも団員の熱気が集客率を高めた、というのが正しいかもしれない。


さて、記念式典では何人かアトラクション演奏をする。その1名としてソロの許可をいただいた。

20周年のときもやらせていただき、このときは「翼をください」を吹いた。

さて今回はなんとしようか、現在まだ悩み中。。。少し候補曲を紹介してみよう。

 

まず、シューベルトの「菩提樹」。原語ではリンデンバウムというのかな。

ドイツの詩人、ミュラーの詩集「冬の旅」の中の詩にシューベルトが作曲したもののひとつ。

曲もさることながら、詩の内容をきけば近藤朔風の訳詞が見事である。

なので演奏、というよりも歌で聴かせたい気分だが自分、歌はダメ。

1.
泉にそひて、繁る菩提樹、慕ひ往きては、
美(うま)し夢みつ、幹には彫(ゑ)りぬ、ゆかし言葉、
嬉悲(うれしかなし)に、訪(と)ひしそのかげ。

2.
今日も過ぎりぬ、暗き小夜なか、眞闇に立ちて、
眼(まなこ)とづれば、枝は戦(そよ)ぎて、語るごとし、
来(こ)よいとし侶(とも)、こゝに幸あり。

3.
面をかすめて、吹く風寒く、笠は飛べども、
棄てゝ急ぎぬ、遙(はるか)離(さか)りて、佇まへば、
なほも聴こゆる、こゝに幸あり。


聴いてみよう!菩提樹

 

しかし、菩提樹を吹きたいと思ったのは詩からではなくきっかけはこの人。

リサ・シュトールさんのアルプホルンの演奏。

確かに菩提樹はアルプホルンでも吹くことはできる。でもアルプホルンは山で吹くものという先入観が強く、こういう風にも使えるのだというのはちょっと新鮮♬


聴いてみよう!アルプホルンの菩提樹

 

次の候補曲は夏川りみさんが歌って有名になった「童神」。

いろいろ聴いてみたが、城 南海(きづきみなみ)さんのがお気に入り。


聴いてみよう!童神

 

そしてもう一曲、いま一番候補なのがさだまさしさんの「道化師のソネット」

この曲は実話をもとにした映画「翔べ イカロスの翼」のテーマ。

サーカスを取材していたカメラマンがサーカスにあこがれ、ピエロとして人気を上げるがあるとき綱から落ちてしまう。

しかし子どもたちの笑い声をなくしたくないと願いながらも、その日のうちに亡くなってしまう。

実はこの映画見たことがない。見たい。

聴いてみよう!道化師のソネット

 

自分の好みなのか、それともユーフォニアムという楽器がそうさせるのか、いつも選曲はバラードっぽいゆったりとした曲が多いような気がする。

なにができるかな、お楽しみ♪

1293076

 

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/06 22:09

土谷分館の冬

3月初の日曜日はいつも土谷分館主催の冬の交流会。

今年は去年と違って十分な雪があり、天候にも恵まれ・・・と思ったが、そりのコースに予定していた道路に雪がない!

あまり通らないこの道路、地元にお願いして雪をためておこうと思ったのだが、その後雪が降らなかった。

 

ー 前日のこと ー

そこで急きょこの騒ぎ。

こんな大掛かりに、あっという間に雪を動かしてしまうのも小谷村の実力というべきか、土谷分館の実力というべきか、いやきっと雪国では日常のことだ。


 


そしてできたのは全長約50mのそりコース。

丁寧に塩までまいている。

 


そしてメイン会場では除雪機で雪を踏み固め、さらにカンジキで均している。

なんてズクのあるおじさんたち。

 


明日のおもちゃたちの一部。足丈(アシタケ)もいくつか準備した。

 


夜。

その日猟に出ていた仲間からイノシシのレバーが届いた。

これ、意外とうまい!酒が進んでしまった。

 

 

下の画像は先週行われた中土スキー大会での一コマ。

足丈を持っていってみた。

なにこれー!

どこかで売ってるの?

初めて見た!

これほしー!


ということで彼女に一足進呈。

 

 

ー 当日 −

自分は都合で出られなかったので画像だけもらった。

楽しそうでホッ。。。


今年もファットバイクの新井さんにご協力をいただいた。

なにやら人気絶頂の様子。コンディションも最高!

 


で君たちはなにしてるの?

 

本当に土谷はいいところです。

1288771

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/01 23:05

春の陽射し

春の安定した好天が続き雪の山は日々その高さを下げているが、それでもまだまだ白一色の世界に春の陽光が眩しい。

先週、土曜日は大町でランニング。

木崎のゆーぷる♨に車を置き、山周りで美麻へ。そこから木崎湖へ向かって下る。

 

途中、三日町のトンネル前から撮影。


鹿島槍ヶ岳(右)と爺ヶ岳(左)

 


蓮華岳(右)と北葛岳(左)

 


唐沢岳(右)と餓鬼岳(左) 間の凸が餓鬼のコブ。

 

以上、大町から見える代表的な山。近いうちに全部登っちゃる!

 


大町から美麻に向かう道。

そこそこ広く、車の通りは少なく、程よい上り坂が走りやすい。

 


ため池。大きいのがふたつ。

 


ここは広域の火葬場。残念ながら何度か来ている。

 


今は廃止された元大町スキー場。

ここだったかな・・・簗場だったかな? 20歳のころ草レースがあって優勝したことがあったっけ。

 


ゲレンデ中央付近に鳥居が。。。

 


やがて美麻の新行集落。そばで有名な地区である。

ここから左に折れて木崎湖に下る。

 


木崎湖へ向かう細い下り坂。少し見えている山は餓鬼岳。

 


国道を横切り、湖水の向こうに見えるのは有明山。

ゴールはすぐそこ。

 


着いた!ゆーぷる。

さあ風呂だ!

 

 

そして今夜は・・・小谷村。

サンテイン小谷に車を置き、目指すは大草連(おおぞうれ)


この地区はかつては20戸近くもあった大部落だったと思うのだが、今は1戸が住むだけ。

その理由はアクセスの悪さと自然条件の厳しさだろうか。今でも九十九折の道を行かなければならない。

ここに住んでいた同級生と小学生のころ、どっちが学校から遠いかなどというつまらない言い争いをしたことがある。

そのころはここまで来たことはなかったが、社会人になって仕事で来るようになり、ようやくその通学の大変さがわかった。

と思ったのだが、今日初めて足で来てみて距離も測り、結果としてはわが家とその大変さはそれほど変わりはないぞ!

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、こうしてまた一つの集落が消えゆくのは寂しい限りである。

1281792

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/19 22:34

ズクなし雪掘り

日曜日は寝てよー日。

のんびり起きてみればいい天気。といってスキーに行くわけでもなく、家の周りの除雪。

先日除雪中に大型除雪機が壊れ、そのリベンジ。

本当は今日は青梅マラソンにエントリーしてあった。しかし、練習不足、体重増などで30kmを完走できる可能性は皆無、わざわざ金と時間を使って青梅まで行く価値はなかった。

それでも奈良や京都のように観光半分であれば参加するのだが、青梅マラソンは自分にとって相性のいいレース。そこそこのタイムで走れた自分の記録を大事にしたかった。

 

さてここはわが家の下にある別荘。

管理を言いつけられているわけではないが、雪に埋もれていれば放っとくわけにもいかない。

そのつもりで秋のうちに別荘の裏側にユンボを置いておいた。


裏側はすぐ屋根がつかえてしまう別荘。

 


裏側の一段高いところにあるわが家の畑に置いたユンボで屋根につかえた雪を掘る。

 


作業終わり!

 

今度はわが家のメインの畑。

秋に白菜を収穫せず雪中にしておいたのを掘り出そうという作戦。

行ってみてびっくり!目安にたてておいた棒が見えなくなっている。

 

やむなく概ねのあたりをつけて掘ってみる。

 

少し掘ってみると雪の柔らかい部分があり、スコップでつつくと地面についた。

その深さ、ほぼ背丈!

挫けた。。。

ここを掘ってみたからといってここから白菜が発掘される保証はない。

この畑、こんなに雪深かったのか・・・

来年はちょっと場所を考えよう。

1269140

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/18 23:53

岩戸山へ:小谷スノーシュークラブ

岩戸山。

小谷村と白馬村の境界にある標高1356mの里山である。

標高は低いがどこからでも見えるこの山、わが家からも正面に見える。一度は行ってみたいと思っていた。

そこへ今回小谷スノーシュークラブで岩戸山へ行くとの放送を聞き、天気が不安であったが申し込んでみた。

 


当日朝、わが家から見た岩戸山(左の雲のかかった山)。

昨日の雨よりはましな天気だが、上の方に雲がかかっている。

目的はてっぺんからの眺望なのでちょっと気が引く。

 


集合場所の小谷村役場から。やっぱり雲がかかっている。

総勢21名、乗り合わせて出発。登山口は白馬村青鬼(あおに)地区である。

 


かやぶき屋根が何軒もたたずむ青鬼地区。

景観で近年脚光をあびたが、そのアクセスの悪さと厳しい自然環境で年々空き家が増えている。

 


スタートはここから。

 


小谷スノーシュークラブのリーダー、沢渡さん。

夏も冬も精力的に里山を歩き、その資源を紹介するバイティリティ溢れる方である。

 


参加者の足元はそれぞれ。雪が締まっているので爪カンジキを使う人も何人かいた。

 


本日最高齢、なんと86歳!ことに田舎料理の腕前は地域に名を知られた名物ばあちゃんである。

まさかこちらの世界にも足を入れてるとは知らなかった。

 

さて出発。9時ジャスト。


雪はよく締まっていてツボ足でもいいかと感じるくらい。

 


ばあちゃんの足、速い速い!常にトップグループにいた。

 

 

急登をややトラバース気味に登る。

スノーシューのトラバースはちょっと辛いが、直登はきつい斜度。

 


頂上手前のコルにて。

 

頂上までもう少し。


12時、頂上到着!

ここで昼食。

 


杖代わりにコッパ(木のスコップ)を持ってきた人が穴を掘って腰掛を作っている。

 


サブリーダーさんがコーヒーを入れてくれた。

なかなか本格的(^^♪

 


折よく青空が広がってきれい!

誰の行いがよかったのか。

 

食事が終わったころリーダーが紙を配った。

みんなで歌を歌うのだと。

そんなつもりではなかったが、ハーモニカを持ってきたので伴奏代わりに吹いてみた。

信濃の国とふるさと。

子どものころは得意だったハーモニカ、全然吹いてないのでうまく吹けない。迷惑だったかも(^^;)

 


木々の間から見えるのは栂池から白馬乗鞍、国道までずっと見える。

でも北側は木が多く、残念ながらわが家方面は見えなかった。

 


これは岩岳、八方から神城方面。

 


爪カンジキ、珍しいのを見せてもらった。

アルミスコップの壊れたのを加工して自分で作ったそうである。これは具合よさそう。

 

帰りは楽〜〜〜〜♪

ついついマイペースで飛ばして下ってきてしまった。

初めての岩戸山、おもしろかった。

でも団体行動が苦手な自分、スノーシュークラブではもうないかもしれない。

ありがとうございました!

1268622

 

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]