18/09/13 21:47

秋の味覚

今年の天気はまさに異常であった。

寒い5月、6月は空梅雨と思ったら6月中に関東には異例の梅雨明け宣言。

それを合図としたかのように西日本では連日の大雨。中国、九州地方は大雨による大災害に見舞われた。

こちらは8月下旬まで猛暑が続き、連日のように空を見上げて雨を待つ日々。

9月、今度は連日の雨。

9月5日、室戸台風の再来といわれる台風21号が西日本一帯を襲う。

9月6日、北海道胆振東部地震が起きる。

各地の被災された方、犠牲となった方たちには手向ける言葉も浮かばない。

 

 

そんな今年、秋の味覚は意外と早くやってきた。


9月初旬なのにこのナメコ!

さすがにまだ気温が高いので上質のものは採れない。

 

 

天然のコクボ(さるなし)

 

 


マイタケ!わが家はいつも早いが、今年はまた一段と早い。

不作だった昨年の分まで出てくれるかな。

 

 

 
わが家のマイタケ料理。

右は小谷野豚との合わせ料理。

 

日本中災害復旧に必死になっている中、一足早く秋の味覚を味わっている。

2096035

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/09/03 20:08

白馬高校にて

冬の白馬。

晴れた日の北アルプスは息をのむ美しさである。

森上付近からの景観。正面に八方尾根、その上の不帰の嶮から北に広がる白馬連峰、南には五竜、鹿島槍の名峰が続く。

 

昨年(平成29年)12月、私は今までお世話になっていた小谷村農業再生協議会をやめ、白馬高校の校用技師となった。正確には「長野県特別行政事務嘱託員」という。

私は40代の頃から校用技師をやりたかった。好きな営繕をやり、校舎内外の管理をしながら時には子どもたちと演奏したり、走ったりできたら最高じゃないか、と。責任ある仕事や役職に疲れていた時期でもあったので尚更そう感じたことだろう。

狙いは中学校だった。幼すぎる小学校や思春期の高校生相手は自信がなかった。しかし定年になって学校へ入りたいと願っても地元の学校には空きがなく、村役場で嘱託でお世話になっていた。

昨年9月、白馬高校で校用技師を募集していることを聞いた。早速高校へ行って話を聞いてみた。

聞けば6月ころから欠員が出て募集していたようである。事務長は私の経歴をざっと聞いた後、明日からでも来てほしいとの意向。自分とて様子を聞きに来ただけであって、転職するにはそれなりの準備がいる。その時点では農業関係の仕事をしていたので、早くて12月からでなくては無理である旨を伝えた。それまでにいい人が応募すれば自分はあきらめるとも。

村役場では、12月いっぱい勤めてくれればボーナス支給の対象となる、と好意的な見解を示されたが、私は他の応募者が決まる前に高校に入りたかった。また、校用技師の業務はほとんどがグリーンシーズンであると思われるが、年が明けてから行ったのでは雪の下の状況がわからないのが恐かった。

 

というわけで、私は12月1日から長野県特別行政事務嘱託員となった。待遇は村役場に比べればかなり下である。

高校は小中学校と違い、校用技師は2人体制。一人は嘱託ではなくレギュラーであり、他の事務なども兼務する。

 


冬の白馬高校。

 

雪の始末も重要な業務である。

生徒が勉強しやすい環境をいかに整えるか、教員が安心して仕事に打ち込めるように目立たない部分で支えるのが自分たちの業務だと思っている。

しかし高校生であれば来年は社会に出て働く生徒もいる。社会性や責任感を養うためにも生徒がなすべきことは生徒にやらせる。

 


春先に作成した新聞小屋。

この学校には驚くべきことに新聞受けがなかった!入り口ドアの付近の床に置きっぱなしだった。

そこで作ったのがこの新聞小屋。屋根の部分がそっくり上に開くフタとなっている。入口ドアの上に遭難防止の鐘まで下がっているのに、犬小屋のようなと言われたのはちょっとショック。

壁の絵は美術部の生徒にお願いして書いてもらった。冬になったら煙突の上に忍び込むサンタさんがほしい。

 

 

しろうま祭。

毎年おたり吹奏楽クラブと高校吹奏楽部は合同演奏をしている。

今年はおたりとしてだけでなく、高校生バンドの中に入れてもらったのも楽しかった。


相変わらずの少ないお客さん。

 


高校生、うまいんだけど人数が足りないのだ!

 

 

プール横の畑?を開墾してキャベツを植えてみた。

耕運機は持ち込み、苗や肥料はとりあえず自分持ち。


7月5日播種、8月14日移植。70株。

 


9月3日時点、順調に発育している。

 


間引きした苗を畝の外にそっと植える。

 

 

学校の環境授業で作っている野菜。

しかし苗を起こして植えるだけ、後はほとんど何もしない。

そこで自称百姓としては放っておけず、潅水に収穫。しかしこの畑?モグラが多く根を切られるケースが多い。


トマトとキュウリ。自分が障子の戸板を使って棚を作らなかったら、とっくに草に埋もれて消滅していたと思われる。

 

 
オクラ。これが一番元気。オクラの花を職員に見せても誰もそれがオクラだとは知らない。きれいですね〜、何の花ですか?

ナスとピーマンは環境やら病気やらモグラやらで早々リタイヤ。

 


超特大ひまわり。幹は2m以上、花は種が重すぎて上で折れている。この後どうなる?

 

そんな高校生活。毎日何の不満もなく励んでいるが、不満がないことの見返りは低待遇。しかしそれも自分の選んだ道。

学校に入ってやりたかったことがふたつ。

ひとつは生徒と一緒に演奏すること。叶った!

もう一つは生徒と一緒に走ること。全校強歩大会は10月。さて参加させてもらえるかな?

2086349

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/08/27 22:56

叙勲 -受章編-

平成30年度 春の叙勲。

それが発表されたのは平成30年4月29日。

しかし内定連絡はその少し前にあった。マスコミや叙勲関連業者なども早く情報が入るらしくたちまちカタログの山、そしてローカル新聞は4月29日当日に間に合うようにインタビューに来た。

消防関係の春の叙勲受章者は大北地区で2名。自分よりも一期上の大町の清水さんと自分である。

受章者名簿を見れば自分たちの62歳という年齢はほぼ最年少。叙勲の条件は基本として消防団30年勤続、それと団長経験であるが、それにしても弱冠62歳の若僧?が叙せられるということに消防のすごさを感じた。

ただ世の中には同じボランティアでも、名もなく何ら見返りを求めずこつこつと尽くす人たちがいながら、そういう人たちが報われない社会構造があることも事実である。

 

5月14日、東京にて伝達式と天皇陛下拝謁があった。

それを案内するのは各県の担当官。集合場所は虎ノ門のニッショーホール。


集合場所。おのぼりさんがわかりやすいように各県の担当は旗を掲げている。

 


伝達式会場。この演台に野田総務大臣が立ち、代表者に勲記・勲章を伝達した。

 


ホール入り口付近でのワンショット。どこかの県の担当官に撮ってもらった。

 このあと、皇居にて天皇陛下に拝謁した。

 

皇居豊明殿。当然初めて入る。

入り口階段の両側には皇宮警察の方だろうか、が身じろぎもせずに立っている。イギリスの近衛兵を思い出した。

この日の消防関係受章者は約650名。そして付き従う夫人たち、総勢1,300人近くが豊明殿に入った。

担当侍従から説明があり、やがて天皇陛下が姿を現した。

少し高いステージから全員にお言葉を賜り、その後壇を降りて会場を一周する。その間に年配の方や体の具合の悪そうな人に優しい言葉をかけていく。

一同は陛下の移動に合わせて体の向きを変えていく。その一斉に動くさまは日本の秩序であり、天皇陛下に間近で拝謁できたことと重なって目頭が熱くなった。

来年になれば皇太子殿下が即位される。明仁今上陛下から叙せられたのもとてもうれしく感じた。

 

拝謁が終わった後は下の大きな広間で記念撮影があり、バスに戻って賜物が配られる。菊の御紋の入った大きな饅頭のようなものである。

賜物っていうんだ?下賜品とか恩賜とは今は言わないんだな。

 

ホテルでの記念撮影。

もちろん貸衣装。左胸につけているのが今回の瑞宝単光章。右胸には現役時代にいただいた消防庁長官表彰。

 


その夜は妻と東京泊まり、在京の次男が叙勲を祝って祝杯をごちそうしてくれた。

 

この叙勲については受章の可否を選択することができた。

自分はもともとあまり名誉に興味がなく、年数が経過しただけで大した実績もなかったので受けようか断ろうかずいぶん迷った。

しかし先述のように、これは小谷村消防団がいただいたものであるとの解釈ができた。となれば自分をここまで引き上げてくれた消防団の名誉を自分一人の判断で断るのも失礼に当たると判断し、経済的にも苦しかったが受けることにした。

ただ、近い人間から「なんでそんなもの受けただ⁉」と言われたのはショックであり、腹立たしかった。

自分とて消防団長をやりたくてやったわけではない。気弱な性格から推薦を断り切れなかっただけであり、もとよりミスキャストであることは明らかだった。それでもかなりの時間を費やし、金もかかり、自分なりに一生懸命に務めてきた。ほかに多くの役職も重複してある中で、決して楽に過ごしてきたわけではない。「なんでそんなもの…」と軽々しく言ってほしくない。

 

3ヶ月後の8月18日、発起人の方々に祝賀会を開催していただき、大盛会のうちに私の祭りは終わった。

発起人の方々、現役消防団員の皆さん、そしてOBの皆さん、地域の方々、行政の皆さん、そのた多くの関係各位と家族・親族に深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

2080184

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/08/23 21:38

叙勲 -祝賀会編-

平成30年度、春の叙勲において消防功労で瑞宝単光章を授与された。

本来自分ごとき何の実績も持たない人間が62歳でいただけるものではない。実に消防団の力のすごさを感じた。いずれにしても消防団員、地域や職場の方々、家族の支援があって初めていただけるものである。

 

今回は祝賀会の様子を書いてみる。 

小谷村消防団ではすでに10人余りの方が受章されており、祝賀会もある程度形が出来上がっている。

主催者は団長OBの集まる纏会(まといかい)の内から、自分と時期の近い団長OB、それにそれよりも若い団長OBが発起人となって開催する。

 

 


娘が編んでくれたラッパたりたりと母が記した歌。

これを勲記とともに受付に飾った。

 


当日は見事な秋晴れ。8月だが気候は秋晴れ。これは会場ホテルの窓からのスキー場風景。

 

 
受付は現役消防団幹部があたってくれた。

出席予定者100人、1万円会費でのパーティーである。

 


主役の入場。さながら2回目の結婚式ともいえる贅沢な気分で先導発起人の後に続く。

自分も先導をやったことがあるが、緊張するものである。この日も前を行く先導はカチカチに緊張していた。それを見て主役はむしろ気楽に、入場の歩をゆっくりと進める。

 


発起人会長のあいさつ。

このあと、村長、県議というはるか雲の上の方々が自分のために祝辞を述べてくれた。

 


お礼の言葉を述べさせていただく。

語りたいことは概ね頭に項目別にあったが、文章に落としたのは前日。

最も話したかった、尊敬する亡き元団長の話が出来てよかった。

目の前の100人の列席者が自分に注目してくれている。そんなことがありがたく、おちついた挨拶ができたと思う。もっとも横で立っていた妻は皆様の視線にかなり緊張していたようだ。

 


祝賀の式典が終わり、祝宴に入った自分たちのテーブル。

いずれの方々も本当に尊敬すべき来ていただきたかった方ばかりである。

 


会場の様子。

 

さてこの祝賀会で自分的に最も楽しみにしていたのが吹奏楽のアトラクション。

白馬の吹奏楽団「山の音楽家」、小谷のおたり吹奏楽クラブ、両方に属している自分としてはぜひ合同バンドでやってほしかった。

幸いにして指揮者は両方とも長沢先生であるので、先生の指揮で合同演奏をしてもらうことができた。ドラムセットはどちらの団にも属さない有志の方。

 


自分のために集まってくれた30名のメンバー。出前アトラクションとしても、叙勲祝賀会のアトラクションとしても前代未聞の規模である。

 


息子も本日の飛び入りで仲間に入れてもらった。もちろん自分も燕尾服を脱ぎ捨てて吹いている。

 


息子とのアンサンブル。

これがやりたかった!これだけ大勢の祝賀会で息子とのデュエットを吹かせてもらえる!まさに至福のひととき。叙勲を受け、その席で夢のアンサンブルを演奏できる、こんな幸せな人間はほかにはいまい。

曲目はアルプスの少女ハイジのテーマ、おしえて。それとふるさと。

やっぱり相手はレプリカのせいか、実に合わせやすい。息子は遠く広島在住なので、合わせたのは夜だけ4日。さてどう聴こえたことか。

 


消防ラッパとのコラボはおたり吹奏楽クラブ。以前ステージでやった消防メドレーそのものである。

やっぱり消防関係の祝賀会であり、吹奏楽のアトラクションとくればこのメニューは欠かせない。

吹奏楽の皆様、消防らラッパ隊の皆様、この日のために何日も練習時間を割いていただき、会場を盛り上げてくださったことに感謝します。なにより親子アンサンブルを仲間に入れてくれてありがとうございました。

 

 


怪しげな人たちが入ってきた。

叙勲祝賀会恒例の最終アトラクション「喇叭呑み!」

見れば右手に持つのはラッパだけではなく、徳利であったりビール瓶であったり。

参加するのは主に現役消防団幹部、纏会、それに会場の有志。

 


開始の合図に競馬ファンファーレを高らかに鳴らす。

 


指揮をとっているのは前ラッパ長である現副団長。

ラッパで行進曲を一曲吹く間にラッパ飲みをする。途中で空になったとばれれば即座におかわりが来る。

今回は3回戦であった。

 

そして盛会のうちにお開きとなり、再び先導の千鳥足について退場。

ひととおりお客様を送り出した後、自分を待っていたものは。。。

 


胴上げ!

胴上げなんてしてもらうのは、それこそ結婚式以来。

現役団員の力強い手を感じながら宙に舞う私は、まさに舞い上がっていた。

 


本会が終わった後、発起人などご苦労いただいた人を労う会をこの辺では「しんのよび」という。

酔ってはいられない。この方々にしっかりお礼を申さねば。

発起人の皆さん、本当にありがとうございました。また、ほとんどの段取りをほぼ完ぺきにこなしてくれた消防主任さん、ありがとうございました。

皆さんのおかげで私の人生になかでも一世一代の大行事が無事終了しました。

 


この日は帰らず、夜は来てくれた小中時代の同級生と一献交わす。

先生も遠路お運びいただきありがとうございました。

 

夢のような一日は瞬く間に過ぎ、翌日になれば「兵どもが夢の跡」である。

次回はこの日以前の叙勲関係のことを書いてみよう。

 

ありがとうございました。

2076559

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/01/08 21:05

平成29年の百姓

さて半年も更新をサボっていたらブログの扱い方を忘れてしまって、思い出すのに少し苦労した。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

 

とりあえず昨年の農業の顛末を少し。

まず青春かけて取り組んだ白ネギ。準備段階はこちら

 


植えてしばらく、やがて一面の雑草に覆われる。

 


雑草を手で取り、除草剤を使い、耕運機でつぶし、その間に施肥、殺菌、この畝間を何十回歩いたことか。

そこへ追い打ちをかける去年の天気。

7月から3日と空けず降る雨。ただでさえ水はけの悪いわが家の粘土質。ネギの水耕栽培になってしまった。

 


それでも最高によい状態のときはこんな感じ。

予定ではこのあとまだまだ分けつして大きなネギの株ができるはずだった。

草は最初アカザとヒエ。

アカザは群生しないのと根が浅いので手で抜く。ヒエはナブ乳剤で退治できた。

一番苦戦したのはツユクサだった。こいつは節から根を発し、地中でも地上でも絡んでくる。そしてやがて小さなネギなど隠れてしまう。

このツユクサこそは手で取った。本来ツユクサの発生するような環境の畑にネギを作ることが間違いである、とは後でわかったこと。

 


そして10月末の大型台風。見事に全部倒された。

素人百姓が、それでも真剣にひと夏取り組んだ青春は無残な結果を残して終わった。

 


台風で出荷は無理になったとはいえ、食えないわけではない。

よさそうなところを抜いてきて少しでもマーケットに出してみよう。

カネの問題ではない。捨てるのはもったいないから。

 


皮むき器などないのでエアガンで皮をむく。

 


直売所でこのみじめなネギを敢えて立派なネギの横に置いてみる。

秋から年末年始に直売所やラーメン屋さんなどで利用していただき、2〜3万円くらいにはなったか。

タヌキを獲る前の皮算用では手取りで40万円くらいのっ予定だったのだが。。。

こんな状況にもかかわらず、農協の森技術員は山奥の畑に足しげく通い、丁寧な指導をしてくれた。そしてマーケットの紹介も。本当にありがたく、感謝に堪えない。

 

 

昨年に続き、カボチャの採種を行った。


種まき。500株ほどを5aほどの畑に作付けした。

 

苗の植え付けは根気仕事。

腰が痛くなるので腰を伸ばしながら、音楽を聴いての仕事。

 


夏、元気。

 


実が出来てきた。

 


初秋。実を割って種を採る。

水に洗えばかなりの量のタネが浮くが、それは捨てる。正直に水に沈んだ種だけを採る。

 


陰干しでしっかり乾いたら最終でゴミをとって出荷。

結果は発芽率96%、農協に誉めてもらってこちらは9万円近い収益。

 

 

玉ねぎ。

可もなく不可もなく順当な収穫。

 

 

馬鈴薯。


テントウムシが大量発生。葉はほとんど食われてしまったが、なんとか間に合ってイモは順当な収穫。

 

 

長いも。遊び半分で作ってみた。

時期が遅かったのでダメかと思ったが、少しできた。

真下に伸びないようにハーフパイプやタキロンを畑に斜めに埋けてその上に作付け。

小さな長芋だけど、味はgood!

 

ナス。今年はダメだった。

ナスもキュウリも接木のものは台木からもとの茎が出てきて邪魔をする。

来年からは接木はやめよう。

キュウリ、自分で苗を起こし、いっぱい作って山菜加工場に出荷した。

35円/1kgと非常な安価だが、それでも毎朝採ってひと夏1万円。

 

何といっても天気である。

そうでなくても陽当たりの悪いうちの畑。昨年の天気の中ではよく頑張ったと言うべきか。作物が。

今年はなに作るかな・・・未定。。。

1777743

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]