18/08/23 21:38

叙勲 -祝賀会編-

平成30年度、春の叙勲において消防功労で瑞宝単光章を授与された。

本来自分ごとき何の実績も持たない人間が62歳でいただけるものではない。実に消防団の力のすごさを感じた。いずれにしても消防団員、地域や職場の方々、家族の支援があって初めていただけるものである。

 

今回は祝賀会の様子を書いてみる。 

小谷村消防団ではすでに10人余りの方が受章されており、祝賀会もある程度形が出来上がっている。

主催者は団長OBの集まる纏会(まといかい)の内から、自分と時期の近い団長OB、それにそれよりも若い団長OBが発起人となって開催する。

 

 


娘が編んでくれたラッパたりたりと母が記した歌。

これを勲記とともに受付に飾った。

 


当日は見事な秋晴れ。8月だが気候は秋晴れ。これは会場ホテルの窓からのスキー場風景。

 

 
受付は現役消防団幹部があたってくれた。

出席予定者100人、1万円会費でのパーティーである。

 


主役の入場。さながら2回目の結婚式ともいえる贅沢な気分で先導発起人の後に続く。

自分も先導をやったことがあるが、緊張するものである。この日も前を行く先導はカチカチに緊張していた。それを見て主役はむしろ気楽に、入場の歩をゆっくりと進める。

 


発起人会長のあいさつ。

このあと、村長、県議というはるか雲の上の方々が自分のために祝辞を述べてくれた。

 


お礼の言葉を述べさせていただく。

語りたいことは概ね頭に項目別にあったが、文章に落としたのは前日。

最も話したかった、尊敬する亡き元団長の話が出来てよかった。

目の前の100人の列席者が自分に注目してくれている。そんなことがありがたく、おちついた挨拶ができたと思う。もっとも横で立っていた妻は皆様の視線にかなり緊張していたようだ。

 


祝賀の式典が終わり、祝宴に入った自分たちのテーブル。

いずれの方々も本当に尊敬すべき来ていただきたかった方ばかりである。

 


会場の様子。

 

さてこの祝賀会で自分的に最も楽しみにしていたのが吹奏楽のアトラクション。

白馬の吹奏楽団「山の音楽家」、小谷のおたり吹奏楽クラブ、両方に属している自分としてはぜひ合同バンドでやってほしかった。

幸いにして指揮者は両方とも長沢先生であるので、先生の指揮で合同演奏をしてもらうことができた。ドラムセットはどちらの団にも属さない有志の方。

 


自分のために集まってくれた30名のメンバー。出前アトラクションとしても、叙勲祝賀会のアトラクションとしても前代未聞の規模である。

 


息子も本日の飛び入りで仲間に入れてもらった。もちろん自分も燕尾服を脱ぎ捨てて吹いている。

 


息子とのアンサンブル。

これがやりたかった!これだけ大勢の祝賀会で息子とのデュエットを吹かせてもらえる!まさに至福のひととき。叙勲を受け、その席で夢のアンサンブルを演奏できる、こんな幸せな人間はほかにはいまい。

曲目はアルプスの少女ハイジのテーマ、おしえて。それとふるさと。

やっぱり相手はレプリカのせいか、実に合わせやすい。息子は遠く広島在住なので、合わせたのは夜だけ4日。さてどう聴こえたことか。

 


消防ラッパとのコラボはおたり吹奏楽クラブ。以前ステージでやった消防メドレーそのものである。

やっぱり消防関係の祝賀会であり、吹奏楽のアトラクションとくればこのメニューは欠かせない。

吹奏楽の皆様、消防らラッパ隊の皆様、この日のために何日も練習時間を割いていただき、会場を盛り上げてくださったことに感謝します。なにより親子アンサンブルを仲間に入れてくれてありがとうございました。

 

 


怪しげな人たちが入ってきた。

叙勲祝賀会恒例の最終アトラクション「喇叭呑み!」

見れば右手に持つのはラッパだけではなく、徳利であったりビール瓶であったり。

参加するのは主に現役消防団幹部、纏会、それに会場の有志。

 


開始の合図に競馬ファンファーレを高らかに鳴らす。

 


指揮をとっているのは前ラッパ長である現副団長。

ラッパで行進曲を一曲吹く間にラッパ飲みをする。途中で空になったとばれれば即座におかわりが来る。

今回は3回戦であった。

 

そして盛会のうちにお開きとなり、再び先導の千鳥足について退場。

ひととおりお客様を送り出した後、自分を待っていたものは。。。

 


胴上げ!

胴上げなんてしてもらうのは、それこそ結婚式以来。

現役団員の力強い手を感じながら宙に舞う私は、まさに舞い上がっていた。

 


本会が終わった後、発起人などご苦労いただいた人を労う会をこの辺では「しんのよび」という。

酔ってはいられない。この方々にしっかりお礼を申さねば。

発起人の皆さん、本当にありがとうございました。また、ほとんどの段取りをほぼ完ぺきにこなしてくれた消防主任さん、ありがとうございました。

皆さんのおかげで私の人生になかでも一世一代の大行事が無事終了しました。

 


この日は帰らず、夜は来てくれた小中時代の同級生と一献交わす。

先生も遠路お運びいただきありがとうございました。

 

夢のような一日は瞬く間に過ぎ、翌日になれば「兵どもが夢の跡」である。

次回はこの日以前の叙勲関係のことを書いてみよう。

 

ありがとうございました。

2076559

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

18/01/08 21:05

平成29年の百姓

さて半年も更新をサボっていたらブログの扱い方を忘れてしまって、思い出すのに少し苦労した。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

 

とりあえず昨年の農業の顛末を少し。

まず青春かけて取り組んだ白ネギ。準備段階はこちら

 


植えてしばらく、やがて一面の雑草に覆われる。

 


雑草を手で取り、除草剤を使い、耕運機でつぶし、その間に施肥、殺菌、この畝間を何十回歩いたことか。

そこへ追い打ちをかける去年の天気。

7月から3日と空けず降る雨。ただでさえ水はけの悪いわが家の粘土質。ネギの水耕栽培になってしまった。

 


それでも最高によい状態のときはこんな感じ。

予定ではこのあとまだまだ分けつして大きなネギの株ができるはずだった。

草は最初アカザとヒエ。

アカザは群生しないのと根が浅いので手で抜く。ヒエはナブ乳剤で退治できた。

一番苦戦したのはツユクサだった。こいつは節から根を発し、地中でも地上でも絡んでくる。そしてやがて小さなネギなど隠れてしまう。

このツユクサこそは手で取った。本来ツユクサの発生するような環境の畑にネギを作ることが間違いである、とは後でわかったこと。

 


そして10月末の大型台風。見事に全部倒された。

素人百姓が、それでも真剣にひと夏取り組んだ青春は無残な結果を残して終わった。

 


台風で出荷は無理になったとはいえ、食えないわけではない。

よさそうなところを抜いてきて少しでもマーケットに出してみよう。

カネの問題ではない。捨てるのはもったいないから。

 


皮むき器などないのでエアガンで皮をむく。

 


直売所でこのみじめなネギを敢えて立派なネギの横に置いてみる。

秋から年末年始に直売所やラーメン屋さんなどで利用していただき、2〜3万円くらいにはなったか。

タヌキを獲る前の皮算用では手取りで40万円くらいのっ予定だったのだが。。。

こんな状況にもかかわらず、農協の森技術員は山奥の畑に足しげく通い、丁寧な指導をしてくれた。そしてマーケットの紹介も。本当にありがたく、感謝に堪えない。

 

 

昨年に続き、カボチャの採種を行った。


種まき。500株ほどを5aほどの畑に作付けした。

 

苗の植え付けは根気仕事。

腰が痛くなるので腰を伸ばしながら、音楽を聴いての仕事。

 


夏、元気。

 


実が出来てきた。

 


初秋。実を割って種を採る。

水に洗えばかなりの量のタネが浮くが、それは捨てる。正直に水に沈んだ種だけを採る。

 


陰干しでしっかり乾いたら最終でゴミをとって出荷。

結果は発芽率96%、農協に誉めてもらってこちらは9万円近い収益。

 

 

玉ねぎ。

可もなく不可もなく順当な収穫。

 

 

馬鈴薯。


テントウムシが大量発生。葉はほとんど食われてしまったが、なんとか間に合ってイモは順当な収穫。

 

 

長いも。遊び半分で作ってみた。

時期が遅かったのでダメかと思ったが、少しできた。

真下に伸びないようにハーフパイプやタキロンを畑に斜めに埋けてその上に作付け。

小さな長芋だけど、味はgood!

 

ナス。今年はダメだった。

ナスもキュウリも接木のものは台木からもとの茎が出てきて邪魔をする。

来年からは接木はやめよう。

キュウリ、自分で苗を起こし、いっぱい作って山菜加工場に出荷した。

35円/1kgと非常な安価だが、それでも毎朝採ってひと夏1万円。

 

何といっても天気である。

そうでなくても陽当たりの悪いうちの畑。昨年の天気の中ではよく頑張ったと言うべきか。作物が。

今年はなに作るかな・・・未定。。。

1777743

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/06/30 21:45

芍薬(しゃくやく)

立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花

そんな風に形容されるように芍薬はとてもきれいな花。

芍薬と牡丹、なんでも芍薬は草であり、牡丹は木だとか。

 


4月末、少しずつ芍薬が芽を出し始めた。

この芍薬は2014年晩秋に入荷した根を突貫で植え、次の年に植え替え、それから3年余り培養して今年の春、初めて売りに出した。

その時の記事はこちら。それと植え替え

 


5月連休。芽が大きくなると同時に草も伸びてくる。当然草の方が成長が早い。

ここで除草剤を起用。芍薬にかからないよう傘をかぶせながら、今回はバスタを散布した。

 


5月末、つぼみが膨らんできた。

 


栄養を一つの花に集中させるために脇芽は切る。
 

 


6月初旬。大きく育った茎は風で倒れてしまうため、支柱で支える。

 


そして6月9日、初収穫!これは「春の粧」

わずか12本ではあるが直売所に並べてみた。しかし単価が高かったせいか(3本430円)、完売できず。

 


その頃家の庭の芍薬はこんな真っ盛り。陽当たり?標高?

 


6月中旬。採りごろとなった。これは「夕映え」

採るのは株の約半分程度。残りはつぼみだけを切り取り、その分の栄養を根に回し葉を多く残して光合成を促進する。

 


「夕映え」と白いのが「信濃の月」。今年の最盛70本ほど。

 


直売所に出荷した芍薬。とりあえずライバルはいない。

 


培養のために花だけ切り取ってきたつぼみは妻が平らな鉢に活け、こんなきれいな花を咲かせた。

これは「夕映え」だが、白い「信濃の月」はとてもいい匂いがした。

 

水揚げ。

切ってきた花の水揚げは、切り口を焼き(煮ても可)葉の一部を落とす、らしい。


この3枚ある葉っぱの

 


真ん中の葉を手で取ってしまう。

 

芍薬はつぼみの周りに蜜があり、それを洗い落とした方が咲き方が早いとか。

わが家のつぼみは、その蜜をアリが寄ってきてなめている。なのでアリがいっぱいいる花のアリを払い落とし、採ってくれば花はすぐに咲くのである。

 


今期最後の花「滝の粧」

 


収穫を終えたあと、しばらくして畑に行ってみたら採り残した花が一輪。けなげ♡

 

今期の出荷数。

6月9日   春の粧  3本入れ 4 430円

6月17日  夕映え  3本入れ 12

      信濃の月 3本入れ 4

      ミックス 3本入れ 6 各350円

6月23日  滝の粧  3本入れ 5 350円

合計 約100本の出荷。

今年の秋は株分けに挑戦する。

1391715

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/06/22 20:55

愛車逝く

日産ティアナ250。

平成15年車。

平成18年に中古で購入、以来10年余り愛用してきた。

 

とっても具合がよく性能もよく、スタイルも乗り心地もこれ以上ないクルマだった。

特に冬は安定性がよく、電気系統も申し分なく安心して乗ることができた。


小海町へ雪上トライアスロンに出かけた零下15度の早朝。

 


名古屋での娘の結婚式会場にて。

 


今年の長野マラソンにて。

完走できず、疲れ果ててクルマの中でぐったり。

 

今年春、妻のエブリィがダメになり、最近スペイドの新車を購入。

この時点で実はティアナは必要なくなった。

子どもたちがいなくなって遠乗りする機会もなく、運転手もいないのに車ばかりあっても困る。

妻の足代わりのスペイドがあれば遠乗りもできる。他に軽トラがあれば十分。3ナンバーのクルマが1台あれば車税、車検、保険などの維持費だけで年間15万円程度の経費がかかる。ティアナを手放そうかとも考えていたのだが、まだまだ魅力たっぷりのこのクルマを手放す決心はなかなかつかない。

初年度登録からはすでに14年が経過しているので査定は当然鉄くず、しかし同じクルマを買おうと思えば20万くらいはかかるだろう。

ディーラーとティアナを手放そうかと相談しているときにそれは起きた。

スペイドが納車されて数日、ティアナの後ろでキュッキュッと音がする。それ以外におかしい点は感じなかったが、気になったので工場で診てもらった。

工場の答えは、こりゃダメだわ・・・

サスペンションを支えるフレームが老朽化で陥没していると。修理方法はない、とも。

 

はぁ〜、こんなに見かけも性能もいいのにダメなのかぁ。

去年軽トラを車検に出したら、限界だと帰ってこず、今年の春はエブリィを修理に出したらそれも返らず、そして今回はティアナが逝ってしまった。

 


ディーラー前で愛車との最後の撮影。

本当にいいクルマだった。

こういうものにあまり執着しないタイプなのだが、今回は心が残る。

1389007

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/06/19 21:29

長ネギ栽培

うちには良いほ場がない。

日当たりが悪く粘土質、まだ杉林がなく米を作っていたころは米に適したいいほ場だったのだろう。

しかし赤粘土は畑作物にはなんとも具合が悪い。いろいろ試してみたがうまくいかず、今年は農協の指導を得て白ネギの栽培に挑戦した。

面積は約10a(1反歩)。

 

おーい、こんなに肥料がいるのか?

 

 

まず施肥から。


秘かに中古で確保したライムソワーを使って肥料を散布する。

 


施肥が終わったら耕起。

昨年そばを作ったこの畑はそばコンバインが踏み固めて硬い硬い。

 


牛堆肥は高いので、豚堆肥を利用。堆肥の性質は違うが効果はあるだろう。

堆肥をユンボでクローラダンプに積み込むので体力的には割と楽。

 

2度耕起した畑に苗移植のための溝を作る。


ちょっと道具が違う気もするが、この畝立てアタッチメントで十分役に立つ。

 

さあ植えるぞ!

農協がもってきた苗箱は60枚。時期が遅かったので苗はチェーンポットの中で伸びすぎている。


農協から借りた名器「ひっぱりくん」

これを引くだけでチェーンポットの苗が植えられるスグレモノ。

ちなみに長ネギは株間を近づけた方が長いネギとなる。らしい。

 


苗が伸びすぎてバランスが悪いために、土に植わる前に転んでしまうのもある。

こ奴らはなるべく手で起こして植え直していたが、そのうちに面倒くさくなってこのまま土をかけてしまったのもある。

 


長いのは切ってしまえ!

 


わが家自慢の土くれ。赤粘土は細かくならず、畑作物には苦戦を強いられる。

 


うまくいけばこんな感じ。きれいに植わる。

 


どや!オワタで!

ただ、その後日照り続きでだんだん枯れた芝生みたいになってきた。

まあ、ネギは強いので枯れることはないが、時間はかかりそう。雪が降るまでに大きくなるかな。

 

5月21日 施肥〜耕起

5月28日 移植

 

ネギのいいところは他の作物と違い、収穫時期が束縛されないこと。とはいっても晩秋の収穫になるので高い相場は見込めないが、今日明日のうちに収穫しなければならないということはない。

また同様に、いつでも採れば食べられるものでもある。考えようによっては成長してなくてもその状態で高く売れればその時収穫すればよいということか。

 

タヌキが獲れたら・・・うまくいいネギになったら収穫はどうしよう。専用の掘り取り機があればいいのだが、今年もしうまくいって来年面積を拡大するようだったらそっちの機械化も考えよう。

その時はネギの皮むき器も導入して規格品を出荷しようか。

 

いいネギになりますように。

1388565

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]