17/06/22 20:55

愛車逝く

日産ティアナ250。

平成15年車。

平成18年に中古で購入、以来10年余り愛用してきた。

 

とっても具合がよく性能もよく、スタイルも乗り心地もこれ以上ないクルマだった。

特に冬は安定性がよく、電気系統も申し分なく安心して乗ることができた。


小海町へ雪上トライアスロンに出かけた零下15度の早朝。

 


名古屋での娘の結婚式会場にて。

 


今年の長野マラソンにて。

完走できず、疲れ果ててクルマの中でぐったり。

 

今年春、妻のエブリィがダメになり、最近スペイドの新車を購入。

この時点で実はティアナは必要なくなった。

子どもたちがいなくなって遠乗りする機会もなく、運転手もいないのに車ばかりあっても困る。

妻の足代わりのスペイドがあれば遠乗りもできる。他に軽トラがあれば十分。3ナンバーのクルマが1台あれば車税、車検、保険などの維持費だけで年間15万円程度の経費がかかる。ティアナを手放そうかとも考えていたのだが、まだまだ魅力たっぷりのこのクルマを手放す決心はなかなかつかない。

初年度登録からはすでに14年が経過しているので査定は当然鉄くず、しかし同じクルマを買おうと思えば20万くらいはかかるだろう。

ディーラーとティアナを手放そうかと相談しているときにそれは起きた。

スペイドが納車されて数日、ティアナの後ろでキュッキュッと音がする。それ以外におかしい点は感じなかったが、気になったので工場で診てもらった。

工場の答えは、こりゃダメだわ・・・

サスペンションを支えるフレームが老朽化で陥没していると。修理方法はない、とも。

 

はぁ〜、こんなに見かけも性能もいいのにダメなのかぁ。

去年軽トラを車検に出したら、限界だと帰ってこず、今年の春はエブリィを修理に出したらそれも返らず、そして今回はティアナが逝ってしまった。

 


ディーラー前で愛車との最後の撮影。

本当にいいクルマだった。

こういうものにあまり執着しないタイプなのだが、今回は心が残る。

1389007

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/06/19 21:29

長ネギ栽培

うちには良いほ場がない。

日当たりが悪く粘土質、まだ杉林がなく米を作っていたころは米に適したいいほ場だったのだろう。

しかし赤粘土は畑作物にはなんとも具合が悪い。いろいろ試してみたがうまくいかず、今年は農協の指導を得て白ネギの栽培に挑戦した。

面積は約10a(1反歩)。

 

おーい、こんなに肥料がいるのか?

 

 

まず施肥から。


秘かに中古で確保したライムソワーを使って肥料を散布する。

 


施肥が終わったら耕起。

昨年そばを作ったこの畑はそばコンバインが踏み固めて硬い硬い。

 


牛堆肥は高いので、豚堆肥を利用。堆肥の性質は違うが効果はあるだろう。

堆肥をユンボでクローラダンプに積み込むので体力的には割と楽。

 

2度耕起した畑に苗移植のための溝を作る。


ちょっと道具が違う気もするが、この畝立てアタッチメントで十分役に立つ。

 

さあ植えるぞ!

農協がもってきた苗箱は60枚。時期が遅かったので苗はチェーンポットの中で伸びすぎている。


農協から借りた名器「ひっぱりくん」

これを引くだけでチェーンポットの苗が植えられるスグレモノ。

ちなみに長ネギは株間を近づけた方が長いネギとなる。らしい。

 


苗が伸びすぎてバランスが悪いために、土に植わる前に転んでしまうのもある。

こ奴らはなるべく手で起こして植え直していたが、そのうちに面倒くさくなってこのまま土をかけてしまったのもある。

 


長いのは切ってしまえ!

 


わが家自慢の土くれ。赤粘土は細かくならず、畑作物には苦戦を強いられる。

 


うまくいけばこんな感じ。きれいに植わる。

 


どや!オワタで!

ただ、その後日照り続きでだんだん枯れた芝生みたいになってきた。

まあ、ネギは強いので枯れることはないが、時間はかかりそう。雪が降るまでに大きくなるかな。

 

5月21日 施肥〜耕起

5月28日 移植

 

ネギのいいところは他の作物と違い、収穫時期が束縛されないこと。とはいっても晩秋の収穫になるので高い相場は見込めないが、今日明日のうちに収穫しなければならないということはない。

また同様に、いつでも採れば食べられるものでもある。考えようによっては成長してなくてもその状態で高く売れればその時収穫すればよいということか。

 

タヌキが獲れたら・・・うまくいいネギになったら収穫はどうしよう。専用の掘り取り機があればいいのだが、今年もしうまくいって来年面積を拡大するようだったらそっちの機械化も考えよう。

その時はネギの皮むき器も導入して規格品を出荷しようか。

 

いいネギになりますように。

1388565

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/06/16 22:13

「山の音楽家」30周年

昭和62年12月10日、その設立総会が行われそこで吹奏楽団「山の音楽家」は誕生した。

それから30年、何度も何度もくじけながら昨年12月満30年年を迎えることができた。


30周年記念誌。20周年の時に一度発行しているので今回は主にその後の10年分をまとめてある。

 

記念誌に現在のメンバーのリラックスした姿を載せようと階段で写真を撮る。

手前の人ばかりが目立ってボツ。。。


式典に参列していただいた来賓の皆さんも含めて記念撮影。

 

そして記念式典開会。

司会進行は私のお楽しみ♪

 

来賓祝辞


白馬村 下川村長サン。

 


小谷村 松本村長サン♪

おふたりとも心温まるご祝辞を頂戴し、ありがとうございました。

 

式典が終わった後はお待ちかね!祝賀会。

会場は式典・祝賀会とも白馬五竜遠見のエスカルプラザ。安い費用にもかかわらず山ほどのごちそうを準備してくれました。

 

団員による祝賀演奏。


クラリネットアンサンブル。猫バス、スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス。

やっぱりアンサンブルってソロよりも聴きごたえがある。

 


チューバソロ。曲目は、えーとなんだっけ。よく聞く曲なんだけど。

大きな低音楽器でポピュラーの曲を軽いタッチで吹きこなしてしまうテクはさすが!そしてピアノも。

 

記念誌の中はこんな感じ。

10年分の定期演奏会のパンフを載せてある。


これは私がユーフォでソロをやらせてもらった時のパンフレット。

下手くそだったけど、これ以上にふけることは後にも先にもないだろうな。。。

 


記録と思いでのページ。

 

そして会場では。


私もソロを吹かせてもらった。

曲はさだまさしさんの道化師のソネット。映画「翔べイカロスの翼」のテーマであるが10年前、20周年の時「翼をください」を吹かせてもらったので今回も翼シリーズ。

もしも10年後も吹かせてもらえるなら「勇気ひとつを友にして」かな。〽むかしギリシャのイカロスは・・・(^^;)

 

他にもトランペットのデュオでオールナイトニッポンのテーマ、そしてサックスアンサンブルでスイートメモリーズなどが演奏された。

 


先生も久しぶりに歌う。

曲目は自ら作曲された「山道・里道・塩の道」。ちなみに中土の矢口富士郎さんが作詞され、それを田中欣一先生が補作詞したもの。

われわれ素人とは音楽も演奏もレベルが違うのである。

 

このあたりから酔った司会者のムチャ振りが始まる。


この人は昨年からの団員。

なんと国立音大で作曲を専攻されていたとのこと。音楽からはしばらく遠ざかっていたようだが、自分の作曲した曲を披露してくれた。

そしてアンコールに応えて「信濃の国」を弾く。信州出身ではない彼にこの曲知っているのか?ときけば知らないとの答え。ただ弾けば年寄りは喜んでくれるからと。

 


おや?来賓さん、相変わらず怖いもの知らずのチェロ弾きさん、ありがとうございます!

 

このような内容を見ればわかるとおり、座はすっかり内輪の宴会になってしまい来賓の皆様に礼を失したことは否めない。

音楽にそれほど興味もなく、ただ立場だけで呼ばれて参列し、チャリティのお礼を言い、会費を取られ、バイキングだったのでしっかり食べるわけにもならず人の宴会の中にいる、こんな苦痛なことはあるまい。

すべて進行役の責任である。誠に申し訳ありませんでした。

そして何より、準備に対して詰めが甘かった。20周年の時とは雲泥の差であった。

40周年では同じ轍を踏みませんように。

 

 

山の音楽家、結成から今まで30年間ずっと現役でいる人が5人いる。

今回その人たちも紹介したが、今後はこんなことはするまい。30年現役でなくともそれ以上に一生懸命やってきた団員は大勢いるのである。

 

最初の気持ちを忘れずに。

みんなで集まって音楽を奏で、合わせる喜びを楽しみたい、それだけなのである。

1384484

 

 

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/05/08 21:58

作付け

この年になって自分だけでやる百姓は2年目。ようやくその楽しさがわかってきたところ。

会議や諸行事が忙しくなる春、同時に百姓も忙しくなる。

 


3月、ちょっと遅めだが、玉ねぎの追肥。といってもまだまだ雪もあるので雪の上から液肥500倍を投与。ちゃんと効いてくれますように。

 


今年は生姜をつくってみよう!ということでお試し。聞くところによれば日照はあまり必要とせず、湿地の方がよい?ならばうちのような畑は適所。なんてうまいわけにもいくまいが、やってみなきゃわからん。

 

4月。さすがに春。

今年の春は雨が少なくて助かる。


鶏小屋の掃除。1羽しかいない鶏は元気で食欲もあるくせに卵をろくに産まないゴクつぶし。1羽じゃ残飯始末してもたいした鶏糞にもなりゃしねえ。

 


昨年末のクルミと今年3月の栃。合わせて三石くらい。

 


育苗用のハウス。今まではサッシの内側で育苗をしていたが、苗が外に向かって斜めに伸びるので日照改善。
 

 


今年予定の実生。ほかのメインの野菜苗は農協に注文を出した。

 


ある日山へ山菜を探しに行ってわが家のきのこ圃場で発見!ヒラタケ!

しかもでかい!春のヒラタケ・・・食べてみたら意外とうまい!びっくり。

 

さてゴールデンウィーク。お楽しみの百姓週間。


芋を植える。粘土質なのでちょっと高めの位置。

男爵、キタアカリ、メークイン。

 


芍薬、育ちが遅い。やっぱりこの場所では標高が高すぎるのか。800m。

周囲に牛糞を追肥し除草剤散布。

 


お隣の屋根やさんから茅ゴミをたくさんもらった🎵

こんなありがたいものはない。感謝感謝謝謝謝♬

 


長ネギ。ちょっと間隔が広かったか。

 


かぼちゃ。蔓の伸びる範囲に茅をたっぷりと敷き詰める。

 


右はナス、ピーマン。左はキャベツとレタス。

ほかにもウリやらトマトやら。

 


玉ねぎ。横のポヤポヤは去年植えたキャベツ。まだ食べられそう。

 


去年の白菜も野沢菜もまだ新芽がおいしくいただける。

 


夕暮れのわが家。心休まるひと時。

晴耕雨読の暮らしがしたいと願うひと時。

 


連休最終日に作ってもらった菜の花うどん。

山の暮らしはいい。

1357148

 

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/05/06 22:59

糸魚川にて

今年のゴールデンウィーク。

5月3日〜7日までの5連休。自分では世を捨てて目いっぱい百姓したい休日。しかしわがままばかり言ってるわけにもいくまい。

3日は一応勤務ということで、塩の道祭り小谷村の日に歩荷スタイルでコースを歩く。

 

4日、百姓。&広島から帰宅する倅を糸魚川まで迎えに行く。&夕方からは家で法事。飲みすぎでつぶれる。

 

5日、百姓。&地区の春作業と春祭りでまた飲む。

 

6日、あいにくの雨のため百姓は少々。&広島に戻る倅を糸魚川まで送る。元気でやれよ。

 

糸魚川駅。

中をちょっとお散歩。


糸魚川駅ジオラマ。日本海口(北口)からアルプス口(南口)と市役所を見ている。

 


少し離れたところにあるスーパーのテナント。糸魚川に来た時、都合が合えばここで頭を刈る。安いので(^^;)

 

駅で出張販売していた糸魚川のソウルフードともいえる牛乳パン。

このレトロなロゴマークがまたいい。

パンと一緒にTシャツと笹ずしも購入。今度糸魚川付近のレースにこのシャツで出てみようか♪

 

7日、ようやく100%百姓の予定だが畑が雨でぬれてしまった(/_;)・・・作付けできるかな。

1355304

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]