11/03/26 23:14

小谷村 50周年

小谷村CATV2 地デジ 122

こんなチャンネルいつのまにできたんだろ?

通常の自主放送は地デジ121。

 

流れているのは、平成20年の小谷村50周年記念DVD。

せっかくだから少し引用してみよう。

 

昭和46年、小土山地辷りにより姫川がせき止められた。

この頃私は高校生。部活中に「小谷はすぐ帰れ!電車が動かなくなるぞ!」と言われ、帰った記憶がある。

画像は南小谷駅のすぐ前。

この橋は柳瀬橋。現在は駅前に斜めに架けられている。

人数の多さと、重機のない災害現場が時代を物語る。

 

30周年に行われたのど自慢大会。

このときの審査員は、各方面の音楽有識者があつまっていたが、「おたまじゃくし吹奏楽団」として私もその席にいた。

その真相はおたまじゃくし吹奏楽団の団長が、年長であり創立メンバーだった私に席を譲ったというところか。

また、山の音楽家のN先生も当時の南小谷小学校音楽教師として審査をされていた。

さすが小谷村選りすぐりののど自慢の人たち。みなさんホントに上手!

30周年記念雨飾山村民登山。

このとき母は、髄膜腫手術での半身不随から必死のリハビリで治した体で登頂を果たし、周囲の人を驚かせた。

 

平成7年豪雨災害。

小谷村壊滅とまでいわれたこの災害から完全復興までに5年間。

東北は何年かかることだろうか。

画像は北小谷。下は復旧後。

その後、画像左側の方に道の駅小谷が建設された。。

 

 

平成8年、蒲原沢土石流災害。

消防団として現場へ行き、その惨状に目を疑ったものである。

土木作業員14名が犠牲となった。

小谷村は地辷り地帯であることから土木作業員が多い。重機を扱う技術は自衛隊よりもはるかに優れていたのが印象に残っている。

工事発注者が国であったため、亀井建設大臣はじめ多くの官僚、東京消防庁、自衛隊、消防団などが24時間態勢で救出、捜索にあたった。

12月の災害であったが、消防団、警察による遺体の捜索は春まで続けられた。

ことに災害直後は再度鉄砲水が発生する可能性があったため、二次災害を防ぐための連絡網、合図、点呼などは徹底していた。

姫川の中を何度となく探したが、ケータイもあまり普及してない時代、無線機では距離が限られ、通信には非常に苦労した。

 

最近は日本各地で100年に一度というような災害が多い気がする。

そして今度の東北。

平穏にあってほしいと願うのは誰しも同じこと。

私もノミの心臓で祈るだけである。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/23 00:06

羚羊狩り

カモシカ狩り・・・?

特別天然記念物にそんなことしたら、お縄ちょーだいになってしまう。

 

仕事の途中の光景。

おんぼろのケータイ画像なので見にくいが・・・

道路のすぐ上にいたカモシカ。

 

そこに散歩中の犬が・・・勇猛果敢に?追いつめるか

 

シカし、カモシカにちょっと脅されてたじたじ…・・

 

今度はこっちから。

やっぱりだめだぁ。

犬の飼い主さんも戻ってこない犬に手を焼いたかな。このカモシカ、なぜかどこへ行こうともしない。

時間もないので結末は不明。

 

さらに途中、キジがばさばさと飛び立つ。

ふと思いついた。

犬?雉?・・・猿はおらんか、猿は?!

一昨日の下り坂ランで腿の筋肉痛が残る私めが、おこがましくも腿痛郎(モモタロウ)。

犬がいて、雉がいて、猿は後で出不足徴収するとして。

鬼は?

 

角があるのはやっぱりカモシカ?

うーん、角があるというだけで鬼にされたんじゃ、カモシカが怒るかいな?

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/19 23:42

山の庚

山の庚、それとも山の講?正確にはわかりませんが、この辺では(日本中?)3月17日と11月17日を山の庚と呼び、山の神様を奉る意味で集落の人々が集まって酒を飲みます。

 

「山の庚荒れ」という言葉があって、この日は必ず悪天候になるという言い伝えがあります。

事実、3月17日、11月17日の日に天気がいいことはほとんどありません。

 

わが地区では、数年前から17日にこだわらず、その近くの都合のよい日に常会(定例会議)と合わせて行うようになりました。

そして、今日がその日。

 

皆が一重持参で集まり、酒を酌み交わします。

冬は不在の家庭があり、また都合の悪いひともあり、でこの人数。

しかし、各家庭のかあちゃん自慢の一重はみんなの目と舌を十分に楽しませてくれます。

また、小谷は杜氏の里。小谷出身の杜氏の仕込んだ美酒はまた格別です。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/09 21:49

大雪の日に

午後から降り始めた雪は夕方に向かっていっそう、その激しさを増し、道に、建物の屋根に、見る間にその量を積み上げてゆく。

 

「さあ、えぶかい。えれえ雪だぜ」

「あーそーだの…明日にしるか」

 

外へ出てみてなんじゃこりゃ!

「おい、きかねえ気んなって降ってるじゃねえか」

「こりゃぁ、オラちゃっと帰らねえじゃ、クルマ登らねえよ」

 

前に1台、国道からそれて私の車を誘導するように県道を上っていく。

しかし、坂がきつくなると俄に遅くなる。スリップしている。

同じ四駆でも、後輪がモーターで駆動するタイプのクルマは駆動力が弱いようである。

 

そのクルマは、更に県道を逸れ、村道に。私と同じ方向。

なんだ、Tさんか。

 

しかし、村道に入る道が多少登りがきつく、クルマの通った跡がないためそこで止まった。

ならば、轍をつけて雪の抵抗を少なくすれば登れるかと、私が先に行く。

とりあえず上まで登って様子を見てみるが、Tさんは来る気配がない。

下まで下りてみた。

同じ場所でまだ苦戦している。

「だめかい?もっとあっちの方までバックしておもいっきり行ってみ」

 

ようやく登りはじめた。

しかし、途中でまたスリップ。

もう少し道を踏んでおいてやるか、と横をすり抜けて前を行く。後から登ってきたCちゃんがそれに続く。

Tさん、やっと登ってきた。

坂の途中で私に手をあげてあいさつしていく。雪道ではいちいち止まって礼を言ったりしない。再び動けなくなったら尚更迷惑をかけるから。

 

車庫の前でバックするとこんなラッセル。

ずっと春の天気だったのでちょっと新鮮

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[2 ]   トラックバック[0]