11/06/30 23:30

先生がいない!

おたり吹奏楽クラブ。

夕方連絡が来て、先生急遽都合が悪く本日欠席!

え〜!やばい、本番間際ぁぁぁ!

 

別の先生に連絡をとってみた。

「だめ、今松本なんですよ」

もうひとりの先生。

「時間あれば行こうと思ってたんですけど、地震で家が大変なんですよ」

 

今日の地震はなんだったんだろ!?

松本はひどかったようだが、小谷は体感なし。

 

仕方なく一応リーダーの私(カタチだけ)がタクトを振る。

といってもテンポあわせて音頭とるだけ。指導など私にできるはずもなく、とにかく曲に慣れろ、それだけ。

 

間際のステージは白馬高校文化祭。

といっても部員2人。これ、部か!?

それでおたり吹奏楽が応援に行くんだけど応援の人員の方が多いってのも珍しいかな。

 

部長は3年生なのでラッパのソロを取りあげて彼にやらせることに。

初めは危ぶまれたが、先生の指導実ってなんとかなってきた。本番は如何に!!

 

本番は7月10日。

みなさん、時間があったら白馬高校にお出かけを!

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/26 21:31

アンサンブルこーろこーろ

アンサンブルこーろこーろ、第7回定期演奏会に行ってきた。

さて、こーろ単独を見るのは初めてだったかな?

きれいな声!

きれいなアンサンブル!

とは感じながら、ときには眠りながら聴いていた。

音楽の好きな母を連れていったが、母は終始真面目に聴いていたようである。

 

長沢先生の「智恵子抄」以来、コンサートはあまり身構えず寛ぎ、ときに居眠りし自己流で楽しむようになった。

ステージでは真剣に演奏しているのだから聴く方も真剣に、というのもある意味当然のことではある。

でも最近は演奏者に失礼なのを承知の上で自分流に寛ぐことにしている。

 

私は音楽を聴きに来る多くの人たちがそうであってもよいと思っている。

「クラシックは興味ないから」とか「テレビの音楽番組で十分だ」という人たちが、来場して居眠りしながら1曲聴いてくれれば、堅苦しいと思わず生の音楽、地元の演奏者の活動に少し触れてくれればそれでよいと思う。

 

今日一番印象に残った曲、ロッシーニの「三つの聖歌合唱曲」の3、「愛」という曲。

知らない曲なので無理に理解しようと思わず耳から入るまま素直に聴いていたのだが、実に心地よいハーモニーが体の中をかけ巡った。もう一度聴きたい。

 

家庭を持ち、仕事を持った主婦や会社員、自営の女性のみなさんがここまで仕上げるのは大変だったと思います。

よい音楽をありがとうございました。

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/18 22:51

もちよりコンサート

もちよりコンサートなるものに行ってきた。

場所は白馬倉下、ペンションアラスカンクラブハウス。

http://www.alaskan.jp/consart4.html

こちらのペンションではもう5年?も前からこのようなコンサートや特別公演を企画しており、毎回大学生の音楽専攻者から素人まで出演しているとか。

 

今夜も、大学生の声楽、ピアノ、バイオリン、トランペット、さらにフルートでは超有名人である地元の塩嶋氏や門下生の出演もあり、実に楽しめるコンサートだった。

これでコーヒー・ケーキがついてこの価格!? 

オーナー夫妻の優しい気さくな人柄に惹かれて来る人も多いことかと感じる。

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/13 22:43

大失敗!

昨日のこと。

毎年恒例、「山の音楽家」で白馬メディア&特養白嶺の慰問演奏があった。

聴衆がお年寄りなのでその人たちが知っていそうな童謡、唱歌、昔の歌謡曲などを演奏するのがいつものパターン。

 

その中の一曲。 レトロ歌謡曲メドレー。

Euphoniumソロで「ゴンドラの歌」があった。 そうそう失敗するような曲ではない。

しかし!事故はそこで発生した!

 

「ゴンドラの歌」の後に続くのはTrumpetの「カチューシャの歌」。

ゴンドラの歌の歌詞〜命短し恋せよ乙女〜

カチューシャの歌の歌詞〜カチューシャ可愛いや別れのつらさ〜

どちらの曲も弱起で始まり、ソ〜ドという同じ音形から始まる。

 

なぜか、なぜかそのとき私の頭の中にはカチューシャの歌の歌詞がすり込まれていた。

先生の指揮を見ながら、ソロを吹き始めた。

カチューシャの歌を!

そんな楽譜は私の譜面のどこにも書いてない。

 

指揮から楽譜に目をうつし、愕然とした。 曲が違う!

あわてて修正しようとするがうまく入ることができず、やむなく最初のフレーズを捨て、次の「紅き唇あせぬまに」のフレーズのみの情けないソロ。

 

ラッパを吹いて数十年、今まで失敗したことは数あれどソロの場面で違う曲を吹いたというのはおそらく初めてのこと。

思いこみとは恐ろしいものだとつくづく感じた。

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/01 23:41

新旧Euphonium

右が現在使用しているHirsbrunner。 スイス。

初代クリスチャン・ヒルスブルナー氏が楽器を製作し始めて200年たった。

 

左が今は手放した名器Besson。 イギリス。

現在各メーカーで製造されるユーフォニアムの多くが、このBessonのモデルをベースにしている。

 

Hirsbrunnerの方が大きく見えるが、同じ大きさ。ただベルの径だけはでかい。

世の中のユーフォ吹きのほとんどはベッソンかウィルソンかヤマハを使う。

でも私はヒルスがお気に入り♪

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]