11/11/25 21:42

収穫祭

毎年11月23日は村の作業&収穫祭。

この日に1月の“どんど焼き”に焚く茅を立てる。

茅はしばらく前から各戸で刈って乾しておいたもの。

 

ほかに用水路の落ち葉さらいなどの作業が終わると収穫祭。

女性陣は外で作業をする人と中で収穫祭の準備をする人に分かれる。

 

地区で共同栽培した蕎麦を今日は皆で賞味、ということで誰がそれを打つか、といえば・・・・

この男性の打つ蕎麦はは天下一品!

普通の蕎麦屋で彼の蕎麦よりも美味しい蕎麦にはありついたことがない。

タレも自分でダシから作る本格派。

うまかった〜〜!!! どうすればこんなうまくてコシの強い蕎麦が打てるんだろう!

 

見た目老人が多いわが地区ではあるが、本当に心和むひとときを過ごすことができる。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]