11/12/31 21:10

大晦日

今日は大晦日。震災で過ごしたほぼ1年もまもなく暮れようとしています。

 

 

昨日と今日は職場で鰤を切っていました。

年末だけは1切700円以上もする鰤がどんどん売れていきます。

こんなとき気を遣うのは衛生、それに怪我をしないこと。

包丁で手を切ると血の始末がやっかいなのと、怪我人が調理するのは衛生上ご法度、仕事ができなくなってしまいます。

それに・・・痛いですね。

怪我をしないためにはまな板や包丁、シンクなどがきれいになっていること、常に周辺が整理整頓されていること、それに包丁の切れ味が大きな要因となります。

 


 

昼間、少し時間をいただいてお宮の除雪をしてきました。

今夜の二年参りの準備。積雪が比較的少なく、天気もよくて助かりました。

 


 

夕方、わが家からの北アルプスのシルエット。

 


 

夕飯の前に、娘と年越し用の蕎麦打ちをしました。

年に1〜2回しか打たない蕎麦、なかなか上達しません・・・・あたりまえか。

長女と長男は昨日帰って来ました。次男は年が明けてから。

 

今回はなかなかの出来ばえ。

でもイマイチ味がよくないのはなぜ?やっぱりこねるのと水加減が下手だったかな。

 


 

ともあれ、無事に新年が迎えられそうです。

このあと、氏子総代としてお宮で二年参りの皆さんをお迎えします。

 

今年1月から始めたブログ、拙い内容におつきあいいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

来年は災害などのないよい年になりますように。

皆さまが幸せで過ごせますように。

自分の目標や、希望が少しでも進展しますように。

 

皆さま、よい年をお迎えください。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/28 19:02

栂池高原

夜の栂池高原。

栂池が誇る、日本一長いといわれるナイターコースの見事なイルミネーション。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/26 00:20

雪の夜に

しんしんと雪が降っている。

降る雪を見ながら想うことは人それぞれ。
スキーのことであったり、雪かきであったり、思い出であったり、また災害であったり。

幼い頃、いうことをきかないといって雪のなか母に玄関の外に出された。裸足のまま。
父が帰って来て、どうした?といいながら家の中に抱きいれてくれた。
母はそれを見て、いうこときくか?と厳しい表情で確認する。

おそらく母は、父の帰る時間を見計らって外に出したのであろう。

父は亡くなり、母も老いた。
息子は幼い頃となんら変わらず、ろくなものではない。

その家も場所も絆もここにある。
いつまでもある。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/24 22:26

感知中

下里瀬の信号機に最近つけられた感知中の表示信号。
これはよい。

この信号機、今まではたびたび故障することもあって、特に冬は感知してないのか故障かわからず、赤信号でもそろそろと通過することがあった。

さて冬場のレスポンスはどうかな?

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/24 00:09

ある忘年会

小谷村には今年7月から“特産品推進準備室”なるものが立ち上がり、関係者で今年最後の蕎麦打ちと忘年会が行われた。

 

この蕎麦、素人集団の打ったものであるが、金を取るか取らないかの違い以外はプロにひけをとるものではない。

蕎麦好きな私、またしばらく腹を両手で持っていなくてはならないほどの量を胃袋に詰め込んでしまった。

実際、生きててよかったと思うほどうまい!のである。

 

お料理自慢のスタッフの皆さんが作ってくれたグルメの数々。

いつもの田舎のお料理自慢とはちょっと毛色が違う。

 

これはレバーペースト・・・かな?

その前にパンを切る専用のまな板があるとは初めて知った。

となりはGカレーと誰かが勝手に名前を付けていた。

ミュージシャン、ジローさんのオリジナルカレー。後でGではなくJカレーではないか!とつっこみがあった。

 

こちらは飯田出身の“さだ柿”と共働学舎北海道のチーズ。

これが“さだ柿”

スタッフの1人が買ってきてくれた物であるが、これはうまい。

手間暇かかっている特産品である。

 

お馴染みの蕎麦クレープ、そして黄色いのはかぼちゃと小麦粉で作ったもの。

 

なんだこれ?!

最初、正直虫かと思った。

次にしらす干しかと思った。

実はタイ米。ほんとにパラパラ。

日本の米に慣れた舌にはちょっと・・・・

ほかにもいろいろ。

昼間、池から連れてきた合鴨を潰して鴨鍋に仕立ててあった。これもうまかった。

地元産の蕎麦や猟師のジビエから三つ星レストランの高級食材・ワインまで一括して味わえる機会はそうそうあるものではなかろう。

 

メンバーの中に12月24日生まれの人が二人。

おめでとう!

からすのパン屋さんのケーキ。

 

小谷と、小谷へ来た人のグローバルな話題が次から次とつきることなく冬の夜は更けていく。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/20 23:20

師走

1週間も更新してなかった。

理由は・・・・ネタがないから。

 

さすがにこの時期は忙しい。仕事以外なにもできない。

明日の心配がないように準備はきっちりと、とまでは追いつかないが、いつも“今日できることは明日に回そう”という主義の自分には似合わないことをしている。

 

遅く帰って空きっ腹にいっぱい詰め込んで、朝起きても腹が苦しい。

これはお相撲さんの食生活。

お相撲さんと違って運動をしてないからたちが悪い。体重はうなぎ上り。

 

宵っ張りなので寝るのはたいがいシンデレラの鐘が鳴ってから。

必然的に朝は起きられないが、最近の降雪で朝ちょっと早起きして除雪。

 

不健全な生活とは思うが、多くの人が似たような日常をおくっているのだろうとも思う。

 

新年までにあと10日。

トラブルメーカーの自分。毎日のように何かしらのトラブルが発生している。

自分のせいであるなしにかかわらず。

 

来年はいい年になるかな。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/14 22:16

白犬が黒犬に?

この犬、妙な顔をしている。

顔の両側にコブがあるような?

 

たまに通りかかるお宅の庭につながれていた犬。

ついこの間まで白い犬がつながれていたが?

 

そばにいたおばちゃんにきいてみた。

この犬はいつから黒くなっただい?

今年の夏ころだよ。

じゃあ前の白は?

死んだだわ。

ふ〜ん、こいつはザマぁでかいけどまだ子どもかい?妙になつこそうだが。

うん、いい犬だよ。須坂だかの保健所にいたらしいわ。ほんだで年齢不詳せ。

ほう、ほしゃもうちょいであっちの国へいくとこを助かったわけだ。

そうそう。

 

それにしても妙な顔。

ぶさいくなのか、こういう種なのか…・・

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/12 22:29

わが家のイルミネーション

しばらく前からわが家の玄関先にもクリスマスらしき装飾が。

かあちゃんの力作。

 

こちらはご近所さんのイルミネーション。

青いチカチカが遠くからもよく見えてとてもきれいです。

 

気づけばもうまもなくクリスマス

日本のクリスマスはわが子を想うか、恋人を想うか・・・・

年月はあっというまに駆けぬけていく

ちょっとさびしいクリスマス・・・かな

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/11 20:11

卑怯走り??

昨夜はおたり吹奏楽の忘年会。

 

幹事さんから問い合わせ。

どうやっていく?迎えの車?それとも誰かの乗ってく?

走ってく、と答えると

きいた私が馬鹿でした。と返事が来た。

 

会場は白馬乗鞍、料理が評判のプチホテル アイリス。

http://www.petit-hotel-iris.jp/

え?この料金でまだ出てくるの?!

美味しかった。

蕎麦好きには最後に出てきた蕎麦がたまらない。奥様の手打ち。

 

さて、ここへ行くのに走っていった。

自宅から飛び出してアイリスまでまっすぐ来れば10km足らず。

アップダウンがきついとはいえ、この距離ではちょっとさびしい。

 

着替えをリュックに詰めて飛び出した。

予定では、白馬まで行って岩岳、栂池と回ってくるつもりだった。

 

それが、最初から足が重い。体が動かない。

そのうち調子が出てくるかと走ってみたが、ついぞ不調のまま白馬大池駅前。

ここで白馬回りは断念した。

 

川内地区をトボトボと走って登る。

しかし・・・・・歩く。

途中から近道(歩道)を通る。

子どもの頃、この道はスキーを担いで栂池へと歩いた道。

トレランを思いながら九十九折りの道をトボトボと登る。

 

やがて越戸峰。

ここはクルマで来てもいきなり視界が開けるのでお客様は大喜びする場所だが、歩道はまさに瞬時に目の前に北アルプスと栂池高原の大パノラマが広がる。

 

さあ、下りだ。走り出す。

すぐに歩く。そして走り出す。

そんなことの繰り返し。

あたりは暗くなってきた。

 

見栄が手伝ってクルマが来れば走り、通り過ぎれば歩く。

ということは走る脚力はある、ということか?

これを称して「卑怯走り」と自分で考えた。

 

千国大橋を越えて若栗温泉へ到着したのがちょうど2時間。

約16km。ダメになったものである。

 

この温泉は初めてだけどいい湯だ。

熱い、飲める、空いてる。

http://homepage1.nifty.com/teku/spa/nagano/norikura.htm

 

ここから会場まで歩いて10分くらい。

ダメージに警戒してゆっくり、ゆっくりと飲ませてもらった。

雪見酒、いいもんだ。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/10 00:23

ブラス!

BRASSED OFFが届いた。

夜も遅いから今度ゆっくり観ることに♪

……
でもちょっとだけ見てみよう、どんな感じかな?

……
結局全部観てしまった…面白い!

イギリスの炭鉱のブラスバンドの映画。
炭鉱が廃鉱に決まり、経済的な困窮に追い込まれ、家庭崩壊まで起こしながらもバンドを続け、政策に抵抗する人たち。

華麗なるブリティッシュブラスの調べ。

フリューゲルホルンで奏でるアランフェス協奏曲、ウィリアムテル序曲のコルネットの見事なパッセージ。
繰り返して観てしまった。

少し励まされた気分。
しばらく元気でいられそう♪

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/09 08:17

初雪

わが家の庭にも初雪が。。。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/05 21:09

おばあちゃん語録

祖母は、はたを織っていた。
病気になるまでずっと織っていた。


真剣に、糸の一本一本を大切に織り込む姿は今も鮮明に覚えている。
そして娘であり弟子でもあった伯母がまとめたのが、このおばあちゃん語録。



機織りに限らず、いろいろな分野に当てはめられる言葉である。

以下抜粋してみた。

下ごしらえの出来ない者ははたをおるな。

素直な気持ちにならないと良い物は織れない。


売るために織るな、織りたいものを売れ。

泣き泣き巻いて、笑い笑い織れ。


上糸は夫、下糸は妻と覚えよ。


もつれた糸は鋏で切るな、必ず解けるものである。


教える事ほどむずかしい事はない。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/04 22:25

高橋尚子?!?!

所用で茨城へ出かけた。

途中立ち寄ったみぶハイウェイパークでアナウンスが。

「本日行われています壬生町健康ロードレース大会の選手が、まもなくパーク裏側の道路を通過します。ゲストランナーとして高橋尚子さんも走っていますので、皆さまどうぞパーク裏側の道路で応援してください」

これはいいところに来た♪と、出てみると係員の方が手旗を配っている。

「応援おねがいします!まもなく通過します!」

 

来た来た、小学生集団。子どもだけなのかな?

やがて高橋選手がにこやかに子どもたちを励ましながら走ってきた。

 

これが高橋選手。ベストショット!

ナイスタイミングでシャッターを押した瞬間、クルマが…・・・

チャンチャン♪

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/03 20:56

子どもたちのクリスマス

毎年恒例の青少年育成会主催のクリスマス会。小谷の子どもたちが100人近く集合!

わずか100人ですが1ヶ所に集まると、小谷の子どもってこんなにいるんだ!と感心しました。もちろんこれで全員ではありません。

 

中学生の有志が実行委員となって、今日一日子どもたちを取り仕切ってくれます。これもまた青少年育成。

 

手作りのクリスマス、準備開始。

こちらは会場飾り付けの係。

 

 

こちらはごちそうの準備。

基本的に大人は指導するだけ、子どもたちが作る・・・・ということになっています。

 

 

お昼、パーティ開始。

前座として小谷中学吹奏楽部&おたり吹奏楽クラブがクリスマス演奏。

 

みんなで作ったいろいろなケーキ。

 

いちごのサンタさんは初めて見ました。

 

 

さあ、パーティ開始!乾杯のあとはみんな一斉に山と並んだごちそうに群がります。

 

 

お食事が終われば今度はレク。

これはじゃんけん列車とかいったかな?

 

やがておなじみのビンゴ大会。

子どもたちは参加料100円とプレゼント(ビンゴの景品)を持って参加することになっています。

 

ビンゴになった人からステージの奥に隠された景品を引きます。

ヒモのさきについているのは何かな?

 

その頃ステージでは・・・・

どんどんと引かれるヒモが絡まないように、一度に2つ引かれないように、これが結構忙しい。

 

そんなこんなでほとんど何もしなかった私ですが、子どもたちの作ったごちそうやケーキをお相伴させていただき、ラッパも吹かせてもらい、子どもたちから元気を分けてもらった一日でした。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/12/02 22:15

おすすめの店

八方鷲屋。
とてもいい雰囲気のお店です。
料理よし、酒よし、料金よし。大勢の場合は予約した方がグレードアップ。

今夜初めて行ってごちそうになってきました♪

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]