11/12/05 21:09

おばあちゃん語録

祖母は、はたを織っていた。
病気になるまでずっと織っていた。


真剣に、糸の一本一本を大切に織り込む姿は今も鮮明に覚えている。
そして娘であり弟子でもあった伯母がまとめたのが、このおばあちゃん語録。



機織りに限らず、いろいろな分野に当てはめられる言葉である。

以下抜粋してみた。

下ごしらえの出来ない者ははたをおるな。

素直な気持ちにならないと良い物は織れない。


売るために織るな、織りたいものを売れ。

泣き泣き巻いて、笑い笑い織れ。


上糸は夫、下糸は妻と覚えよ。


もつれた糸は鋏で切るな、必ず解けるものである。


教える事ほどむずかしい事はない。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0]