11/03/09 21:49

大雪の日に

午後から降り始めた雪は夕方に向かっていっそう、その激しさを増し、道に、建物の屋根に、見る間にその量を積み上げてゆく。

 

「さあ、えぶかい。えれえ雪だぜ」

「あーそーだの…明日にしるか」

 

外へ出てみてなんじゃこりゃ!

「おい、きかねえ気んなって降ってるじゃねえか」

「こりゃぁ、オラちゃっと帰らねえじゃ、クルマ登らねえよ」

 

前に1台、国道からそれて私の車を誘導するように県道を上っていく。

しかし、坂がきつくなると俄に遅くなる。スリップしている。

同じ四駆でも、後輪がモーターで駆動するタイプのクルマは駆動力が弱いようである。

 

そのクルマは、更に県道を逸れ、村道に。私と同じ方向。

なんだ、Tさんか。

 

しかし、村道に入る道が多少登りがきつく、クルマの通った跡がないためそこで止まった。

ならば、轍をつけて雪の抵抗を少なくすれば登れるかと、私が先に行く。

とりあえず上まで登って様子を見てみるが、Tさんは来る気配がない。

下まで下りてみた。

同じ場所でまだ苦戦している。

「だめかい?もっとあっちの方までバックしておもいっきり行ってみ」

 

ようやく登りはじめた。

しかし、途中でまたスリップ。

もう少し道を踏んでおいてやるか、と横をすり抜けて前を行く。後から登ってきたCちゃんがそれに続く。

Tさん、やっと登ってきた。

坂の途中で私に手をあげてあいさつしていく。雪道ではいちいち止まって礼を言ったりしない。再び動けなくなったら尚更迷惑をかけるから。

 

車庫の前でバックするとこんなラッセル。

ずっと春の天気だったのでちょっと新鮮

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[2 ]   トラックバック[0]