11/06/01 23:41

新旧Euphonium

右が現在使用しているHirsbrunner。 スイス。

初代クリスチャン・ヒルスブルナー氏が楽器を製作し始めて200年たった。

 

左が今は手放した名器Besson。 イギリス。

現在各メーカーで製造されるユーフォニアムの多くが、このBessonのモデルをベースにしている。

 

Hirsbrunnerの方が大きく見えるが、同じ大きさ。ただベルの径だけはでかい。

世の中のユーフォ吹きのほとんどはベッソンかウィルソンかヤマハを使う。

でも私はヒルスがお気に入り♪

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/06/01 00:50

スノーハープ

第14回白馬スノーハープクロスカントリー大会。

わが「山の音楽家」チームで2年ぶり、駅伝出場を決定した。

吹奏楽部は走ることもOKというところを見せておかなくては。

そうでなければ「吹・走・楽!」なんて語れないのだ。

 

実はわがチーム、このレースには第9回から3年ほど参加していた。

団員の入退団等により、メンバーがそろわなくなったため中断していたが、今年はチームを組むことができた。といっても補欠もいないのだが・・・・

 

そして初出場の第9回、男女混合の部で5位入賞しているのである!

今は出場者も多く、レベルも高くなってきているので、このタイムで入賞などとんでもないことだが、この頃は今に比べれば出場チームがかなり少なかった。

 

そしてファイアーマン駅伝の部では、小谷村消防団は常に優勝!

「俺たちは全国大会を制覇した!」と彼らは笑っていた。

間違いない。スノーハープクロス、確かに全国大会である。

 

その日のレース中・・・

1走を走り終わって、チームのほかの人たちはまだまだ走っているのに1人ソバを待っているけしからんオヤジがいた。

 

優勝して胸を張る小谷村消防団チーム。

中にひとり、40代半ば過ぎてまだまだ記録を伸ばし続ける人がいます。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]