11/08/25 23:57

猪だらけの月末

先週あたりから表舞台に上がってきたのは猪。

毎日のように電話が鳴る。

「ゆうべ田へ入られちまった。ちょっと見にきてくんねえか?」

そんな電話ばかり。

 

先日から電気柵を張る方にまわり、やっとコツがつかめてきた。

 

なぜか今の時期、猪は田んぼに入りたがる。

田の中を踏み荒らし、垂れはじめた穂を食い、泥の中で水遊びをする。

ひどいところは行ってみたとたんに獣臭がする。

 

今年は村で電気柵に大きな補助金の枠を設けてある。

連絡を受けてから柵を張り終えるまでの時間は平均2日。

 

そして猪たちは電気柵を張られ、そこに入れなくなると次の田にはいる。

泥浴び。彼らにとってはよほど重要なことなのだろう。

 

穫り入れまであと一ヶ月。

百姓にとっては1年間の総仕上げともいえる季節なのである。

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]