11/08/08 23:30

稗田山崩れ100年

世に日本三大崩落の一つと言われる稗田山の崩落は1911年(明治44年) 8月8日の未明午前3時に突如として起こった。4キロ余にわたって崩落した大土石流は、浦川を流れ下って姫川を塞き止め、ここ松ヶ峯を乗り越え、この地域一帯は壊滅的な打撃を受けた。
    死者   23名
    家屋と田畑の流失 70余町歩
 眼下に広がる今日の来馬河原は、かつては美田地帯として知られ、街道往来の宿駅として重きをなした来馬宿は、役場・学校などとともに、その中にあった。
                              (松ヶ峯に立つ村立解説掲示板より)

上記の文と写真は長野県理化学会のページより拝借しました。

 

本日稗田山崩れ100年記念行事が行われました。

小谷小学校のこの会場に来ていただいたお客様は約500名。

 

来賓や来場者の方に小谷の味をふるまおうと、「小谷の食と農を考える会」の皆様が手作りのごちそうで精一杯のおもてなし。

いろいろな「田舎の味」を試食する来場者。

 

受付。

カメラを向けると瞬時に指が2本立つ小谷のお嬢様?。

楽しい人たちです。

 

暑い中、必死に肉を焼いているのは役場の男性陣。

肉は、今年初出荷の小谷野豚。

この豚は本当に美味しいんです。

本日は無償提供でしたが、美味しくて皆さんがどんどん食べてしまうので、「お一人様1串でお願いします」と張り紙が出されました。

 

稗田山はコルチナスキー場の裏側。

その崩れ跡は大規模であり、わが家からも上部が望めます。

明日は現地見学が行われます。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]