11/09/08 23:51

小谷紀行

仕事で午後から村まわり。

10人ほどのチーム、クルマ2台で山から山へ。

 

ここは虫尾地区。写真ではわかりづらいが、遠くわが家があまりきれいに見えたので思わずパチリ。

 

熊棚の跡。

真ん中あたりの不自然なかたまりが熊棚。

熊は木に登り、枝をかき集めて棚を作り、そこに座ってまわりの枝を引き寄せ木の実を食べるという。

 

さてクマさんの生活状況はというと・・・

赤い木が目立つ。

いや、目立つと言うよりも半分近くは赤く見える。

これは紅葉ではなく、楢の木の立ち枯れ病。

言うまでもなく、楢の木からは熊の好物であるドングリが落ちる。

立ち枯れの犯人は虫。以下は詳しく書かれたHPから引用させてもらった。

 

ナラ枯れ病」の犯人は「カシノナガキクイムシ(カシナガ)」という体長4ミリほどの甲虫である。ナラ・カシの木に穴をうがって入り、産卵。この時運ばれる一種の菌類(ナラ菌)が樹木を枯らすと言われている。

 

下が被害にあったコナラ。

幹の白い部分は虫は入った跡。そんな跡がこの木に3ヶ所ほど見られた。

この木はまだ元気だが、いずれ枯れてしまうだろう。

薬液を注入する方法もあるようだが、かなり高価なものらしい。

クマさんの運命は如何に?またヒトは?

 

戸石地区から千沢・高地地区の展望。

ここから小谷温泉まで約5km。

遠く天狗原山の平。

この谷底を走る道路は実に走りやすい。

今年はまだ走ってないが、やまつばきから小谷温泉までの往復約16kmはおすすめランニングコース。

でもクルマとクマに注意!

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]