12/01/27 21:10

馬篭宿

名古屋からの帰り道、木曽馬篭宿へ寄ってみた。

 

かつて長野県の木曽であったが、生活圏が岐阜であるということから岐阜県中津川市に含まれるようになった旧山口村。

一時は県議会を二分するような議論を湧き起こし、田中元知事の進退問題にまで影響を及ぼした。

 

その旧山口村がどんなところなのか一目見たくて立ち寄ってみた。

 

 

宿場入口にあった農協の建物。

売店のおばちゃんに話を聞いてみた。

 

やはり長野県側にいるときはかなり不自由であったという。

最も近い町は木曽福島町。広域では中信地区に含まれるわけだから松本まで行かなくてはならない。

県レベルの話は長野市まで行かなくてはならない。

中津川に編入されたことで相当楽になったことが伺えた。

ここは坂がきつい。

この坂を馬が荷物を背中につけて歩いたのだろうか。

 

観光地らしく街道も建物もよく整備されているが、みんな近年作ったもの。

それらしく作ってもあっても時代の流れは感じられない。

 

藤村記念館。

宿場の中ほどにあった。

 

帰ってみれば異様な大雪。

おとなり白馬村の数倍はあろうか。

昨日、今日と今季最高の積雪。そして天気予報はこのあと一週間は雪。

 

隣家のトモ君がわが家の庭もかなり除雪してくれてあったので助かった。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]