12/10/25 08:46

唐箕

とうみ、と読む。
この辺ではアオリともいう。たぶん煽り。


かなりの年代物。100年くらいは経ってるのかな。
この唐箕を使って、母は豆のゴミを取る。


原理は簡単。
上から豆など、よく乾かした穀類を入れ、下へ落ちるまでの間に風で軽いゴミを飛ばし、重い穀類はそのまま下に落ちる、というだけのこと。

見ればそんなことかと思うが、最初に考えた人は一生懸命考えたんだろうなーと思う。

今は金属製のもっとコンパクトなものが売られているが、原理は全く同じ。

偉大な発明なのである。


豆のごみ取りはこれでできるが、選別はすべて手作業。
縁側の長い一日が始まるのである。

43298

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]