12/11/07 21:04

軽トラック逝ったか・・・

10年ほど愛用した三菱の軽トラック。

車検の期日が来て業者が持っていった。

 

そして昼ごろ連絡がきた。

軽トラどうする?

???どうするってどういうことだ。

彼の言うことに、ブレーキ、タイミングベルト、エンジンオイルまわりなど交換修理が必要であるが、車検総額にすると20万円ほどかかるという。

さらに、ほかにもガタが多いので、それだけ金をかけても近いうちに修理が発生する可能性があると。

 

つまり、老朽化が激しいのである。

つい今朝まで山坂飛び回っていたクルマ、非常に調子がよかった。

 

しかし、車体がボロボロであることはわかってはいる。しかも私は手入れが悪い。

主に使うのは山坂、ボロボロになって然るべきなのである。

 

しかし、だからといって新車をおいそれと買えるものでもない。

中古車はなかなか手ごろなものがないという。

 

妙な言い方だがクルマの手入れをしないことについては自信がある。

それが〖軽トラの新車〗というものに抵抗を感じさせる。

金がないことも確かではあるが、新車を買って半年もしないうちに山の中でボロボロになっているのが見えて、いまひとつその気にならない。

さてどうしたものか・・・

45994

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]