12/11/15 23:24

こちらも本番間近!

おたり吹奏楽クラブが誇る?・・・??・・・???低音楽器群。

誇れるようになってもらいたいいっ.。o○

 

次の本番は?

今年最後のステージとなるが、青少年育成会主催のクリスマス会。

本来、中学生がやっていた演奏であるが、中学生が3年生が抜けて人が足りない、という理由から一緒にやらせてもらっている。

 

理由はともかく、今一緒に演奏したら我々が中学生の足を引っ張ることは明らか。

そこで先生は苦肉の策を編み出した。

 

リズムのわかりにくいジャズ編を言葉で理解させようというもの。

シンコペーションのリズムにスッと入ってこれない一般社会人。

そのリズムを言葉で言い表そうと、先生は一生懸命考えて作詞したのである。

 

だからといって、すぐに乗ってくることができるほど事態は単純ではないが、この熱心さには本当に頭が下がる。

 

そして、何度も何度も反復練習を繰り返す。

 

「私たちはプロじゃないんだから、できなければ何度でもできるようになるまで練習するしかないんですよ」

 

そう言いきる先生の言葉の裏を私は知っている。

プロはこの何倍も、もっともっと練習して、暗譜するほど練習してようやくステージに上がるのだ、ということを。

47236

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]