12/11/04 21:11

八方池

白馬村文化祭の出演がおわり、午後はフリー。

この天気、ほっとく手はない!

どうせ、どっか走るつもり、ならチャンスの少ない山だぁ!

黒菱までは過去何度か走ってるけど、まだそんな体力あるかな・・・

この時点で八方池なんて無謀なことは考えてない。

 

八方、下の方は紅葉こんな感じ。

♪星影さやかに 空澄みわたり

葉末(はずえ)の露に 秋たち染めぬ

金と銀とに装いこらし 

女神のごとき白樺の森・・・・

(エーデルワイスの歌より秋:法政大学山岳部歌)

 

黒菱直下。ここはいつもダイナミックな景色を拝ませてくれる。

 

黒菱は雪化粧。急斜面を速足で登る。

 

リフト最終地点。

ここまで八方の駐車場から2時間ちょうど。時計は現在時刻。

 

ここからの登山道はなんと!

こんな木道がず〜〜〜〜っと整備されてる。

これはえらいこっちゃ。国立公園でなきゃやらねえな。

 

八方ケルン・・・と書いてあった。

土地勘がないので今どこにいるのか、よくわかってない。

 

時間的に降りてくる人ばっかり。

稜線を降りてくる人のシルエット。

 

ホシガラスさんに会えた♪ けっこう被写体になるように待っててくれた。

 

通りがかりの人に、八方池ってこの辺ですか?ときいたら、

ああ、その桟橋下って行ったところですよ。でも凍っていて映りませんよ。

へえ、登山道より下にあったんだ。

横に小さな池があって、最初まちがえてそっちをウロウロしてしまった。

ここまでリフト最終地点から30分。下から2時間半。意外と早く着くんだ♪

 

なるほど、凍ってる。

 

登る途中、10歳くらいの女の子を連れた老人?を抜いてきた。

その人たちが登ってきたので写真交換。

大丈夫かな…この子連れたペースで最終リフトに間に合うのかな?

この辺、ひろーーい。

天気、広さ、景色、すげえ!すげえ!

帰るのがやになった。

アルムのおじいさんになりたい・・・

 

といっていつまでも遊んでるわけにもいかない。

さあ、帰るぞ!

慎重に足を選びながら、ゆっくりと駆け下りる。

 

同じロードでもつまらないので途中からゲレンデ突入!

見た目ほど平ではない。草の影に穴、石・・・

しかも!地雷つき(-_-;)牛の糞。

 

怪我もなく、帰りは1時間15分(ゲレンデ近道)

 

気持ちよかった〜♪

家に帰れば心配性の母がひとこと・・・お前、自分の年を考えて体力を過信するなよ。

 45385

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]