12/02/04 22:55

落ちた!

2月1日に県の豪雪による災害救助法が小谷村にも適用になった。

 

それとは関係ないが…

土蔵の屋根雪を落としていて一緒に落ちてしまった。

日頃雪の始末には生意気言ってるのに、ざまあねえ。

 

雪は屋根の端から1mほどせり出していた。

スノーダンプをさすポイントと力の方向でせり出した雪はかなり大きなかたまりで落とすことができる。

それを落とした瞬間、一緒に落ちてしまった。スノーダンプを離しさえすれば落ちることはなかったのだが…・

 

初めてではない。

雪と一緒に勢い余って落ちたことは実は何度もある。

大概は支えられなくなれば自分から飛び降りる。それが一番落ちる体制がつくりやすい。

こんなマヌケづらして落ちたのは初めてである。

 

下の庇でワンバウンドして雪の中へ。

下で見ていた妻はさぞ肝を冷やしたことだろう。

 

つくづく思うのは、スノーダンプの行方だった。

あれだけは。

その上に落ちたり、上から降ってきたら命にかかわる。

土蔵の屋根でこれだけの量の雪ははじめてじゃないかな。

しかもこれは片側分。

わが家は落とせるからいい。落とす場所もない家のほうが多いのである。

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]