12/04/12 23:52

おたり吹、目覚め

新体制になったおたり吹奏楽クラブ。

行く手には暗雲らしきものがモヤモヤとしているが・・・

 

新代表のミヤジマさんは新メンバーを連れてきた。

チューバ吹き。というかTuba or Eupho.という方。

妙に低音は盛る。

 

先生不在なので、なんちゃって指揮者はまたボク。

曲を進めてみたら、あれ?メロディがいない!

Sax.がいないぢゃないか!

仕方なく、Cl.にT.Saxの譜面を渡して今日はこれ吹いてくれ、と。

 

またメロディが消えた。

今度はTp.2ndがいない。

Tp.にそこは2nd吹いてくれ、と。

 

メロディは持っているがちょっと曲についてこれない人に、曲は知っているか?ときけば知っているという。

じゃあ指はあとでいいから勘で吹け!と無茶を要求した。

実際のところまんざらウソではない。

金管楽器は指使いよりも息とソルフェージュが重要なのだ!

N先生ならとことんやらせてその場でマスターさせてしまうのだが、ボクはそれほど優しくはない。めんどうくさいから。

というよりも指導能力がない。

 

7月に白馬高校の文化祭に応援出演することになっている。

このままでは応援どころか、2度と来ないでくれ!と塩まかれそうだ。

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]