12/04/09 22:36

グリップの音

昨日の笛吹川堤防。

高校生ぐらいの人たちが3人ほどで堤防周回コースを走っていた。

周回コースというのは、私の走るペースが遅いために彼らが橋から橋へと渡るのが見えたからである。

3分前半/kmくらいのペースで走る彼らは2人が先頭を競い、1人はやや離れて追う展開。

 

グリッ、グリッと舗装の上を蹴る音が聞こえる。

いつも自分や自分の周囲を走っている人のドタドタした音とはまったく異種のものである。

力強い。実に力強い。

 

それだけのことではあるが、暖かな春の陽射しが手伝ってここで表現する言葉がないほどの爽やかさを感じた。

それとほんのちょっとのジェラシー。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]