12/05/07 23:55

SASARAHF2号完成品

続き。

これが雪でグシャッとなった「SASARAHF1号」。雪は偉大だ!

 

プロセス。

まずここから始まる。

風で小屋ごと飛ばされないように基本部分をしっかりと固定。

 

 

床と背面板ができた。

床はトレーラーにしっかりと固定し、背面板は床に蝶番で止めてある。

背面板の両脇の柱は側面板を逃がさないためのもの。

 

正面板をやはり蝶番で床に固定し、畳んである状態。

蝶番の使い方が違うのは承知の上。

 

 

正反両方立てたところ。

立て板がすべて床板の外側にスカートになり、雨が床板にあたらないようにしてある。

 

側面板をストンと落とす。

側面板で中へ倒れこむのを防止し、上の横棒で外へ逃げるのを固定する。

 

天板を乗せる。

天板の雨除けはCパレットと呼ばれる樹脂製。

古いヨレヨレのやつを払下げてもらった。

 

さあ、形ができた。

 

ペンキを塗って完成。

表面に「SASARAHF2号」と書こうと思ったが、時間がなかった。

また今度時間をみて♪

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]