12/06/10 22:05

栂池サイクルそしてファンラン

日本三大ヒルクライムレースの一つ、栂池サイクルクラシックが行われた。

安協として誘導に協力したが、今回はレースの見えない場所。

 

後でいただいた参加セット一式。けっこう豪華。

このほかに豚汁、おにぎりがふるまわれる。

配置に着く前、少し会場をきょろきょろしてみた。

みんな、このような器具を使ってアップしている。

 

ちょっと話を聞いてみた。

Q. この道具はアップ用ですか?練習用ですか?

A. 梅雨のときなんかね、これで練習するんですよ。

Q. この自転車っていくらくらいするんですか?

A. 高いですよ〜

Q. 2、30マンとかいうレベルですか?

A. だいたい100万くらい、高いのは200万くらいしますよ。クルマ買えますよね〜。

Q. パンクしたらどうするんですか?あきらめます?

A. 修理します。みんな修理キット持ってますよ。

 

ひえぇぇのような話だが、考えてみれば自分だって楽器に100万以上かけてるわけだし、ただ走るだけでもそれ相当のお金はかかる。

レースに出ればやっぱり簡単にはあきらめねえわな。

 

http://www.tsugaike.gr.jp/green/cyclepage.html


 

こちらが解放されたあとはランニング。

栂池は雨になったので白馬へ来てみれば薄日が当たっている。

やっぱり明るい時に走るのはうれしい。

 

八方の風呂へクルマをおいて、さてどこ行こうかな。

黒菱?ん〜ちょっと今のコンデシションじゃ無理だなあ。

じゃあ、そだ!猿倉方面!その方が登り緩やかだし鈴も持ってる。あまり無理して猿倉や馬尻狙わず、調子悪けりゃ二股でもいいや。それいけ〜!

中山沢。この少し奥で折り返した。猿倉まではあと2km余りかな。

 

帰りは遊び気分で。

童心に帰ってホウノキで風車を作った。

小刀があるときれいにできるのだが、爪だけじゃ仕上がりが悪くてイマイチよく回らない。

 

こんなとこに大きな瀞が。知らなかった。

二股のちょっと奥。

危険だから立ち入り禁止との立札がある。

 

終了後は八方温泉で疲れを癒す。

 

風呂へ入る前に庭でストレッチをしていたら、その横につけたクルマから出てきたのはトレイルランナーさん。

きいてみたら「きこりの道トレイルランニング」の大会に出てきたのだという。

あ、そーか、今日はその日だったんだ。

 

風呂の中で二人でランニング談義。

とはいっても向こうは若き精鋭(見るからに)。こちらは腹の脂肪がぶよぶよしたオヤジ。

静岡から来たのだと言ってた。

 

トレイルか・・・・今の自分にゃ夢のようだ。

少しづつ調整して月末のレース、リタイヤしないようにう・ま・くやらなきゃ。

 

それぞれのレースに参加された皆さん、お疲れ様でした!

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]