12/06/29 23:00

痛風

私は痛風をもっている。

数年前、夜ランの翌朝、突然左足の中指付根あたりにコブが出現。

痛くもないといえば嘘になるが、それほど痛いというものではなかった。

なにしろ、歩くのにコブが邪魔でかなわん。

もしかして疲労骨折でもして腫れてるのかな、と思い医者に診てもらった。

 

先生はしばらく眺めたり触ったり話を聞いたり。

そのうちに 「最近健康診断受けました?そのとき何か言われましたか?」

 

足が痛い、腫れてるって言ってるのにこの先生なあに言ってんだろ??

ちょうど一ヶ月ほど前に人間ドックに行ってきたばかり。そのときは年齢に似合わぬ極めて健康体のA評価。

「え〜と・・・そういえば尿酸値が高いとか、ほかは全然問題ありませんでした。」

 

じゃあ尿酸値測ってみましょう、といってその日結果が出たかどうか記憶は曖昧だが、先生は言った。

「痛風ですね。」

「ええ〜?! 痛風って風が吹いても痛いとか、戸の閉まる音でも痛いって聞きますよ?」

「症状や出る場所は人それぞれです。尿酸値下げる薬出しますからそれでしばらく様子見てください。」

 

そして・・・・薬をまじめに飲んでいたら痛みも腫れも2日くらいのうちに治った。

 

ところが。 癖になったのか、ルートが開けたのか、それからはたま〜に痛風の症状が出るようになった。

私は通常ビールも酒も飲まないし、話を聞いてからは塩辛やタラコもあまり食べない。

それがランニングの後はでやすい!と気がついた。 汗をかくと痛風が出やすいらしい。

 

そしたら今日はこんな記事を発見。 毎日拝見している整体師さんのブログ。

http://enjoy-run.com/

尿酸は、健康なときには液体に溶けた形で存在しますが、
これが過剰に増えてしまうと、針状の結晶になって、
体のいろいろな場所に沈着するんです。
とくに関節などに沈着した場合に、
激しい痛みを引き起こすのが、痛風なのです。

マラソンに限らず、スポーツをしますと大量の汗をかきます。
水分補給はきちんとできていますか?
汗をいっぱいかいているのに、水分補給をしませんと、
尿酸が尿の中に溶けにくくなり、
尿と共に体外へ排出される尿酸の量が少なくなってしまいます。
まず気を付けるべきは、水分補給です。

納得!!

水分いっぱいとります! 多少の塩分も。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]