12/07/14 23:02

「あじさいを観に行こう」

小谷村特産推進室の土谷地域づくり応援団の企画。

今年から正式に設置された「小谷村特産推進室」。

集落支援員1名と地域おこし協力隊1名が組みになって、中土、北小谷地区に4組が配置されている。

 

土谷地区では担当の2名の方が(推進員・協力隊)日々地区内を回り、各戸訪問をし、地域おこしのモトを探している。

これはその一環として彼らが組んだ企画。

 

中谷地区の支援員さん(左)と土谷地区の支援員さん。

おふたりともママさん。

 

この家にこんなに手入れされた紫陽花園があるとは知らなかった。というか、この近くに50年以上も住んでいてここまで来たことはない。

オーナーのおやじさんにきいたところ、「俺は誰にも言ってねえから(紫陽花園)誰も知らねえよ」と言っていた。

協力隊の方がこの家を訪問した際に案内されたものだという。

すばらしくよく手入れされている。

 

まだ花は8分咲きというところか。

案内をしてくれるオーナーのおやじさん。

 

 

ここは景観のよいところである。

天気がよければここには北アルプスがバーーンと見える。

 

尾根は奥西・中西山。右奥に東山。

尾根の向こうは長野市鬼無里の水芭蕉園。

下に奉納へ続く県道が見える。

 

いつのまにか、初めて会う地元の人に自己紹介をしている面々。

 

ちょっと珍しい紫陽花かな。

 

縁側カフェも。

最近知ったことだが、縁側って都会では貴重な存在なんだとか。

田舎にいるとそんなのあたりまえだ!と思ってるんだけど。

 

こういう発想は田舎にはない。

キハダの皮がアンケート用紙入れになっている。

 

お客様をもてなす特産室の人たち。

この人たちの存在については、村内住民から賛否様々な意見が出ている。

でも結果はわからないが、今こうして村に活気をくれていることがうれしい。

何もしなければ何もなくて終わるのである。

過疎高齢化の村の行く末は・・・・

25623

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]