12/08/23 23:53

娘から母へ

姉はパッチワークをやる。

母は短歌を作る。

 

母の作った短歌の中から亡き父を詠んだものを抜粋し、それを編集し、パッチワークをおりまぜて一冊の本に仕上げ、母に贈った。

 

デザイン、文字、パッチワークは姉の作。

右に母の歌、左に姉の想い。その横に飾る絵が文を引き立てる。

 

亡きあとも妻を支える夫への想いか。

 

父は本当に「まてい」だった。

まてい(マテー)・・・なんと訳せばよいか、

例:「まていに食べろ」=残さず全部食べろ

「ちゃんとまていに掃除したか」=隅々まできちんとそうじしたか

「あの人はまていな人だ」=義理を欠かさずきちんと対応する人だ

そつにしない=無駄にしない

 

父はそんな人だった。

父の実の母が(私の祖母)があきれるくらい。

 

31834

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]