13/03/31 22:53

宿泊条件

最近エントリーするレースは「やま」であることが多い。今年も「やま」レースを申込んである。

平地は苦しい。
この年になると平地をダアーッと走るのはちと無理がある。
そこであまり競争にこだわらず、景観や達成感が楽しめるトレイルもどきに目がいく。

ところが問題がひとつ。
トレイル系の開催地は大概リゾート地。そして時間がかかるためにスタート時間が早い。
泊まらなくてはならない。

リゾート地の宿泊施設にはシングルルームがない。
そして高いところが多い。都会のレースだとビジネスホテル&コンビニ弁当で事足りるのだが。

かくいうここだってリゾート地だから、シングルはありがたくない事情も、宿は食い物商売だという事情もわかる。

しかし探しにくいのである。
自分の場合はほとんど単独行動、頼めば泊めてもくれるし、こちらも相部屋でもよいと言うのだが、やはりありがたくない客には違いあるまい。

でも、その日は何千人か泊まるわけだからそろそろ手ぇ打たなきゃ。

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/30 22:27

めざせ!動物園

大室温泉まきばの湯

松代と須坂の間の小高い丘の上(崖の中腹?)にあり、長野盆地を一望できる。

今日はあいにくの曇り空、晴れていれば眼下にホワイトリング、右手に北信五岳、遠く北アルプスを眺望できる。

 

ここを起点に須坂動物園をめざしてみた。

距離を全く知らない、というか須坂動物園がどこにあるかさえ知らないので、正直5~6kmで着くと思っていた。

じゃあ残った時間で善光寺参詣ランにでも行こうか、なんて考えていたらなんと片道12km!

 

そして着いた臥龍公園須坂動物園

人気者カンガルーのハッチがいた有名動物園はもっと大きいいかと思っていたら、意外と小さい!

せっかくだからちょっと見てこうかと思ったが、入園料2000円にくじけた。

 

臥龍公園は小さな山が竜が伏せているのに似ている、ということでつけられた名前らしい。

標高差30mくらいかな、登ってみた。

脚力のない自分でも十分走って登れる。

山の中に縦横無尽にコースが作られていて池もあり、散策には楽しめるようにできている。

 

帰りは違うコース。

道は知らないが遠く見える山やMウェーブなどを目安にしていけば迷うことはない。

 

堤防道路。

盛土の草むらを走ってみた。意外とごつごつしているが車道はけっこう車が多い。

北風が追い風となって気持ちよく走れた。

 

途中晴れてきて飯縄山がくっきり♪ 

欲をいえば高妻が見えたらよかったのにな〜。いや、この辺では見えないか…

 

戻ってきたまきばの湯、ちょうど温泉の真下に廃線となったしなの鉄道の小さな踏切がある。

踏んだ距離はちょうど27km。

 

中は直売所があり、今の時期でも野菜や果物が並んで、安い!

ここは長いもとりんごの名産地♪

  

 

いい湯だ〜

一人なので「あ〜極楽極楽」とは言わないが、汗で冷えた体を湯船に入れるときは思わずオッ、オッと声にでてしまう。

西陽を浴びながらのんびりと入る露天風呂はまさに「極楽」である。気持ちよかった〜。

 

そしてここへ来たら忘れてならないのがこれ。

手作りうどん。

これがまた絶品で、疲れた体にグーッとエネルギー補給がされる。

うどんを食べた後は行儀悪くもゴロッと横になって甲子園観戦。

いや、極楽ごくらく〜( ^^) _旦~~

 

下から見上げるまきばの湯。

また次のオキニも探してみよ♪

83544

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/28 22:54

特産推進室報告会

小谷村に特産推進室が正式に設置されて1年がたつ。

先日その報告会が行われた。

 

わが土谷地区で活動するのは集落支援員1名、地域おこし協力隊員1名。

写真でこの1年間の活動を展示。

参加あり、主催あり。

でも地域を知らない彼らの1年間は地域の「探検」であった。

あらゆる行事や会合に参加し、集落の作業や生活を体験することで生の小谷を体感できたことだろうか。

その中で彼らなりに地域を見据えた今後の活動計画なども報告された。

 

 

もちろん地域住民の要望や不安材料を調査しながら研究を進めている。

忘れてならないのは、「今後」とは彼らが作るのではなく、この地に骨をうずめる地域住民が考え実践するのだということである。

83139

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/26 23:18

春は名のみの

陽射しは春なのに体感はけっこう寒い。

 

今朝のわが家からの眺望。早春の贈り物。

 

久しぶりに中谷へ行ってみた。

こちらはなんと雪の多いことかとびっくり。

そういえば先日、中谷の人が来たとき言ってたっけ。

「土谷は雪消えが早いね〜」

ちがう、中谷が遅いんだって(^_^;)

 

北小谷の桜並木。

雪はすっかりなくなり、開花宣言を今や遅しと待っているがまだまだ寒い。

82724

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/25 22:35

ちょっとだけ♪

会議までのちょっとの時間、Sウェルネスに走りに行った。

外は時ならぬ雪。

♪ いま 春が来て君は きれいになった・・・

 

ウェルネスのおえーさんに「さあ、走りにいくよ!」と声をかければ彼女はニヤッとして、「あー今夜はこれでミル2台うまりますからだめですね〜♪」

 

さては!と思い行ってみると

いたいた、知る人ぞ知る栂池の名ランナーI氏

疲れを知らぬふうにタッタッと軽い足音が響いている。

彼はフルマラソン7回出場、7回サブスリーという驚異的な記録の持ち主。

 

横におじゃまして走りはじめる。

ストイックな彼とちがい、私はミルは退屈ですぐ嫌になる(>_<)

安定したペースで走り続ける彼をまるで妨害するように、ペースを変えてみた。

 

最初の4kmは12km/h。

あとはインターバル・・・というかレペティションかな。

8km/hから始めて1km走る中で16km/hまで上げていく、その繰り返しで3kmほどを走ったら会議の時間になってしまった。

 

I氏は依然と、ややペースアップしながら走り続ける。

I氏もすばらしい。白馬小谷にはなぜかその年代のスーパーランナーが多い。

 

16km/hといえば1kmを4分弱で走るスピードである。自分はそれが続くのはせいぜい2〜300m。

昨日の全国高校駅伝、彼らは1kmを3分弱で走る。

そしてオリンピックランナーは高校生がタスキをつなぐよりも速いタイムで42.195kmを走りきる。

うらやましい・・・・・

82565

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/23 23:22

パッチワーク絵本

お彼岸に姉が絵本を作って持ってきた。

パッチワーク絵本。

本というよりもページのある座布団という方が合ってるかな。

大きさ比較にケータイをおいてみた。

 

表紙をめくると「迅四郎の窓」。

 

ページをめくると見事なパッチワークの絵とともに物語が始まる。

足並迅四郎は一介の中士だったが、慾望の鬼としては典型的な男で、その上実行力では一種のスーパーマンだった。

 

始めは金に憑かれて武士の誇りも何のその公金私金の別なくもりもりと蓄えて僅か数年の間に大名富商を凌ぐ程の分限者となった。

 

次は女に目をつけた。無数の美女が金力と男の魅力とに惹かれて彼の私有に帰し、唐の後宮、土耳古のハレムもかくやと思われた。

 

この上足りないものは地位だけである。彼はとうとうとっておきの奇謀をめぐらせて中小姓から徐々に四方五千石の小大名に迄のしあがった。

 

稀に見る英才の迅四郎も畢竟は凡夫に過ぎないので、もう上を向いて見ても望みは見当らず、金と女と地位との重みに喘ぐばかりだ。

 

迅四郎は窓に両肱をついた。この窓から見える世界は今も貧士の時代も全く同じだった。これだ、これをもう一度見直す事だ。彼の眼はとたんに再び輝き始めた。

 

おしまい。

 

驚いている。

創造性、技術、その他モロモロ・・・・

81557

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/22 23:15

今夜は鉄の意志!

ランニングから帰宅して、ぼくを待っていたのは…
おお〜!! たらこスパじゃないか♪



いや待て、このあいだソーメンで太って、今日また同じことしたらまるっきりアホやないか(--;)

すぐ風呂に飛び込む。
汗で冷えて風邪ひきそう。
そのまま寝床直行♪

よーし、今夜は乗り越えたぞ(^^)v

81288

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/21 22:46

ひっかかった(>_<)

数日前のこと。

今日こそはダイエットスリープじゃ、なにも食わずにすきっ腹で快感の朝を迎えるんじゃ!

と思って決心もかたく、9時過ぎに妻留守の家に帰宅した。

 

さて帰ってみれば真っ先に私を迎えたものは・・・

山盛りのソーメン!

母が自分で食べたくて、私の分まで茹でてくれたのだろう。

長いものには目がないワタシ、思わず生唾ゴックン。

 

でも今夜は食べないって決めたんだ♪

母には悪いけどこれは朝のびたのをいただくことにしよう。

 

でも、せっかくだから一口だけ食べるか。

大丈夫、自分の鉄の意志を信じよ!

 

一口食べてみた。

昔、アイスクリームの歌があったっけ。

「♪のどを音楽隊が〜とおりーまーす」

そんな感じ。

 

食べちゃった以上は最初のヤクソクは終わった。まあ、半分だけ残しておこう。

・・・・・

こればかり残すんなら全部食べたっていっしょじゃん・・・・

 

鉄の意志は???

こうなることはわかっていたのに(+_+)

 

翌朝、重い腹にうなされて起きて、母に言った。

「ソーメンは自分の分だけ茹でてくれ」と。

これほど親不孝な言葉もそうはあるまい。

 

愚かなり、愚かなり。。。

81027

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/20 23:01

昨日の練習

昨日の練習日は参加者10名。

コンダクター1、クラ2、サックス1、トランペット2、ユーフォ2、チューバ1、パーカス1。

なんとも春の立ち上がりの遅いバンドである。

 

コンサートの曲は概ね決定し、楽譜もどんどん揃ってきている。

先生はすでにそろった楽譜をはじから譜読みをし、メンバーさえ確定してくればスペシャルアレンジの準備を整えている。

次回練習日からは冬の観光シーズンも終わり、練習は毎週になるので少しは増えるかな。

 

これは10年以上も前に老人施設に訪問演奏に行った時のもの。

少人数だけどなかなかの楽器バランス。演奏バランスは???

 

昨日、メンバーが集まらないうちに先生に少しコーチしていただいた。

あーそこ重い重い、もっと短く切って!

もっとスラーとスタッカートをはっきり区別して!

そうそう、そうすれば曲が流れるじゃない。今までだとただ吹いてるだけでのってこないんだよね〜。

 

とはいえこの下手くそは中々うまくいかない(T T)

わずか4小節ほどのフレーズ、10数回やってみて先生も自分も納得できたのは実に1回だけ!

でもその感触は覚えた!

名曲「パントマイム」に聴けるような、ユーフォ特有の風船をプニョプニョするようなスタッカートの音色。

音のイメージはあり、自分でもごくまれにできることはある。

 

そして忘れないうちに、今夜も個人練習はしてみたが、うまくはいかないものである(+_+)

なに、そのうちできるさ!努力も開き直りも含めた中で(^^)/

 

この画像は数年前のコンサートのパンフ♪

80304

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/19 23:55

卒業式

小谷村に各ひとつづつある小学校、中学校で今日卒業式が行われた。

職務代理で小学校の卒業式に来賓参加させていただいた。

 

式は体育館で行われたが、いつからなのかステージを使わずにフロア中央付近に演台を築き、そこを中心に行われた。

この方式は中学で一度見たことがあり、私は気に入っていた。

 

中学のPTA会長をしているとき、このフロア方式でできないかときいてみたところ、時の教頭先生に一蹴された。

理由は、ステージに登るということの重大性、格調高さを重視したいということであった。

 

考え方は人それぞれ。卒業式は教育委員会と学校が主となって行うものであり、当日は来賓となるPTA会長がそれ以上口をはさめるものではない。

自分は保守派ではあるが同時に合理主義なので、フロア中央の方が生徒の背中ばかりを見ることなく、また保護者からも子どもの晴れ姿を正面から見ることができるので、今もこの方式がよいと思っている。

 

はつらつとした表情で投稿してくる卒業生とご両親。

 

 卒業ソングは時代とともに変わってきたが、小谷の小学校では10年以上この曲を使っている気がする。

卒業式の歌ーうららかに春の光が降ってくる

よくできた曲だと感心する。

小学校低学年、高学年、先生、卒業生、と歌うところが分かれており、メロディも親しみやすく小学校低学年でもすぐ覚えられ、大人が聴いていても飽きない。

 

私の次男の時はこれに巣立ちの歌を挿入していたように思うが、今日挿入されていたのは未来へだった。

これもいい。

自分たちが子供のころ歌った蛍の光は最近ではとんと聴かなくなった。

 

ともあれ、本日小谷小学校を卒業した23人はこの春から中学生となる。

健やかに、幸多かれと祈る。

79812

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/18 20:17

山の講-春

年に2回、3月17日と11月17日に「山の講」と呼ばれるお祭りを各集落ごとに行う。

特別なにをする、というわけではなく皆でごちそうを持って集り、わいわいがやがや・・・

 

山の講、山の神様を祀る儀式かとは思うが、「山の講荒れ」と言われるほどにこの日は必ず天気が悪い。

しかし、昨日の山の講は快晴!

こんなの見たことない。

 

会場を離れたところではあたたかな春の日を浴びて遊ぶ子どもたちがいる。

 

 

 

こちらではランがお散歩♪

やっぱり犬は雪大好き!

          

 

この家は絵描きさん。屋根にパレット(^^)/

 

この家では家の前に「鳥の巣」もどきを設置。

夏になるとこの上で夕涼みを楽しむ人たちがいるようである。

 

みんなで二次会。近所の家に集まって乾杯!

79437

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/17 13:01

直接指導

昨日のこと、夕方から先生に直接指導を受ける機会をいただいた。

 

先生のお宅の音楽室は防音設備がされており、辺りはばかることなく音が出せる♪

10分ほどupしたあと、早速練習。

 

課題となる曲は自分も先生も人と合わせるのは初めて。

じゃあとりあえず、全部やってみましょうか。ということでゆっくりとしたペースで始まった。

 

それが!

この曲、自分にとって最初の出だしがとっても吹きにくい。

自己練習の時も、メトロ先生相手になんでこんな簡単なフレーズできないんだよっ!と自分を怒りながらやっていた。

本当に譜面は楽なのである。

 

ひととおりやってみてからカットするところを先生と相談。

自分でも、ここはあと半年練習しても絶対できない!と自信のある?ところはカット候補。

ほかにも何か所か相談し、インテンポで7分かかる曲を概ね5分に短縮の予定。

でも個人的にはそこも今後練習していく。せっかくありついた名エチュードだと思って。

 

いままでずっと相手はメトロ先生だったから、生伴奏は初めて。

やっぱりちがうわ〜♪

吹いていて(吹けないとこ多いけど)楽しい。うれしかった〜。

 

そしていくつか指摘をいただく。

先生自身はラッパは吹けないので、ここはこう吹いた方がいいんじゃない?この音はもっと遠くへ、というようなおとなしいコーチの中にいくつかヒントをいただいた。そして宿題も。

 

いままでメトロ先生では、吹いていてどうしてもわからなかったテンポの乱れ、見事に解決された。

といっても解決されたのは原因だけ。本当に解決できるかどうかは自分にかかっている。

先生は「月1回くらい」と言っていたが、それは今日の指摘を1ヶ月でクリアしてこなくては・・・

やるだやるだ!

78972

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/16 23:42

うわさ話(^_^;)春ラン♪

春のランニングフェスティバル2013 in 信州スカイパーク

早くついたので座って参加者名簿みていると・・・

近くに座っている二人の会話からしきりと聞こえる声。

この人白馬だよ。

小谷の人いる。

あ、ほんとだ・・・というような会話。

 

そちらへ向いてきいてみた。

今、小谷の話されてました?ワタシ小谷なんですが。

ということで、聞けばこの方々はわが方の先生方らしい。

うーん、世間は意外と狭いものである。

 

開会式。

 

選手宣誓。

親子ペアの女性の方が宣誓。

娘さんが「お母さんをおいていかないように」と間に添えて(^_^)

 

やっぱり陸上競技場発着ってのはうれしい♪

この女性はペアの部ペースランナー。

 

そしてペアスタート!がんばれ〜

ペアの部、ゴールシーンを少し見ることができたが、ほとんどは子どもが先に走って引っ張っていた(^_^;)

そして自分がエントリーした10kmスタート!

快晴の空に映える北アルプスの白、暑くなく寒くないコンディション、気持ちよくて最初ついつい自分のペースよりもとばしてしまった。

 

こんなにマジ走ったのは、10kmという短距離のレースも、ほんと久しぶり。

「野生の10km、知性のハーフ」という言葉に踊らされ、今の体力と体重を考えず野生になった結果がこれ↓

47分52秒。

なんら不調も故障もないのに、いくら自分にしてもかーなり遅い(T_T)

まあこれが実力といえば実力。

でも気持ちよかった〜♪♪ 満足感は十分。

今回はスタッフとして松本大学の学生が大勢で盛り上げていた。

親切に、ていねいに、一生懸命。

 

さあ、風呂はいろっと。

松川、すずむしの湯〜♪

お気に入りのひとつである。

そして来週から気合い入れなきゃ。

めざせ長野マラソン完走!

78810

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/15 21:13

春になった!

拙いブログに連日400回ものカウント!

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^^)

 

3月に入ってずうっといい天気がつづき、雪は目に見えて少なくなっていく。

朝晩は冷えるけどそれは3月だから。

 

職場前の桜の木。

ついこの間まで雪山から生えていたのに、いつのまにか下には土が出ていた。

 

去年粗大ごみ回収日に、捨てるというのをもらってきた自転車。

本日初出動。快調〜♪

 

小谷から白馬への国道、歩道が除雪されていた。

よ〜し、これで走れる!♪

 

明日は信州スカイパークへ。

春のランニングフェスティバル2013 in 信州スカイパーク

久しぶりのまともな?ロードレース10km。

春の陽射しの中のランを楽しんでくる(^_^)v

78438

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/14 23:18

White day night

こんなお返しはいかが?

 

White day night は久しぶりに吹&走(^^)v

といってもラン10km、吹1時間というお手軽コース。

 

しかし、なかなか両立はできないもの。

どちらかが調子よければどちらかが落ちる。

両方落ちることはあっても両方上がることはまずない。

 

今日は先にやったランが思いのほか快調♪

そのあとのラッパ吹きは・・・

音は鳴ってる。パッセージもいつも同様にはいけてる。

でも、のれない。

嫌気がさして1時間でやめてしまった。

 

なかなかうまくはいかないもんだ(T_T) なんていう気はない。

こんなこと当然。

広く趣味を持って遊んでいながら何を文句をいう筋合いがあろうか。

 

がんばるさー

77978

 

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/13 21:40

あるお宅に届け物に行った時のこと。

玄関で犬が留守番をしていた。家人は留守の様子。

 

山深く周囲の人家も少ないことから、この犬いつもは放し飼いにされている。

それが今日はつながれて留守番。

留守の間に事故のないように家人がつないでいったのだろう。

ところがこの犬はよく吠える。

放されているときもやっぱり人が来れば吠える。

立派な番犬である。

 

放されている犬は怖くない。犬は自分が自由であれば滅多に人に咬みつくことはない。

しかしつながれている犬は、自由にならない不安から咬みつくことがある。

 

そこで恐る恐る家に入ろうとするが、ヤツは玄関の真正面でこちらを向いて吠える。

立派な番犬である。

 

そこで以前学習した知恵を持ち出した。

それはカメラ。

吠える犬にカメラを向けるとたじろぐことがある。

さあどうだ!

案の定ヤツは奥の方に引っ込んでいった。

以前として顔はこっちを見ているが、吠え声はややおとなしくなった。

 

カメラ目線を気にするのか?

凶器を持ち出したと思うのか?

魂を吸い取られると思うのか?

真相は定かでない。

77519

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/12 23:49

長野マラソン!!(@_@;)

来た!

最終案内。

 

どうしよう・・・

今年ほど練習不足で臨む年はあるまい。今度こそ途中棄権かも。

あまりにも練習不足。

かといってこれから練習がんばったら当日は故障の身になっているのが目に見える。

 

でも出る。

出場しないことにはハナシにもならん。

エントリーの狭き門で涙をのんだ方々にも申し訳ない。

 

あと1ヶ月。

どう調整しようか・・・

77061

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/11 22:05

練習すれども・・・

毎日とはいかないが、ぼつぼつ、ぼつぼつと練習を重ねている。

しかし一向にできるようにならない。

 

選曲が背伸びしすぎなのは承知の上。

それにしても進歩しない。

 

できないところを集中的にやってみる。ゆっくりから。

時折インテンポにしてみると、自分のあまりの鈍さに落ち込む。

今はまだ焦ってインテンポを狙う時期ではない。

確実に、かくじつに。

 

いつもよりもちょっと速いテンポに追いつけるとうれしい。

しかし気をよくして追撃はしない。

 

それよりもフレーズ前後のつながりを考える。

いくら部分的にできようと前後がつながり、それがやがて継ぎ目の見えないひとつの曲になればいいなぁと思いながら。

 

テクニックがあろうがなかろうが、曲が難しかろうが聴く人には関係ない。

曲は流れなければ。

ノれる演奏、鳴り渡るラッパ、そんなことをイメージしながら、ときに自分には不可能だとあきらめながら、練習をする。

76574

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/10 22:04

越後まつだい冬の陣

何年か前から注目していて、いつか行ってみたいな〜と思っていた越後まつだい冬の陣「のっとれ!松代城」。

3kmの雪上障害物競争に行った♪

ところが!悪天候のためまさかの中止宣言!

 

早く着いたので会場見聞。

神輿がいっぱい。どうやら各地区ごとにそれぞれ個性ある神輿を出しているようだ。

中止でなければこの神輿が練り歩く様が見られたのかな。

  

  

 

説明会場の体育館の中。

各戦士(ここでは選手を戦士という)のゼッケンとヘルメット、それに軍手が実に整然と並べられていた。

ここで中止連絡の一報が入ったのは9時頃。早く会場入りしていた戦士たちからざわめきが。

それほどの悪天候とは思わなかったが、競技の特性上の危険率、天候悪化の可能性、イベント会場のテントの都合などあったようだが、この大会2年前に大会直前の3月12日大地震で中止になった経過があるので堅実な線をいったかな・・・勝手な想像。

 

さて楽しみにしていた競技内容は?

会場横に見える柵。おおっ!これだ!

本来ならこんな場面が展開されたはず。

高さ3m位の柵は「騎馬止め」と呼ばれていた。

 

せっかくだから登らせてもらった(^_^;)

これ絶対おもしろい!童心に帰っちゃう。

写っている人はやはり同じことを考えるいずこかの戦士。

 

そしてこの段差は!

ひょいひょいと登ってはみたが、実際競技ではぁはぁいってるときにひょいひょいとは登れまい。

段差1m余り。

 

それも前の画像があった。足を持っているのは引っ張っているんじゃなくて助けている様子。

わが地区の雪遊び会なら間違いなく引っ張るが(^_^;)

 

このタイヤロープは離れた場所らしいので行ってはみなかったが、これもそそるものがあるなあ。

 

そして最後の登りかな?上に見えるのが松代城・・・らしい。

参加賞のタオルはこの松代城においてあるそうで、今日は持ってくることができなかったとの報告。

事務局がそう言って「ごめんなさい」と頭を下げると会場から拍手と笑いが起こった。

なんともおおらかなアットホームな大会である(^^)

 

雨の中、撤収に精を出す人たち。

選手よりも、これだけ大掛かりな準備に何日もかけた主催者側の皆さんの方がよほどかわいそうである。


さてこの大会「体力勝負」と「運力勝負」がウリ。

事務局から「抽選は予定通り行います」と報告されるとまた会場はどよめく。

景品がすごい!どこから経費でるんだろ???

時間前に写真を撮る戦士たち。さすが越後は米どころ!↑

 

このパフォーマンスは仮装にかけた戦士たち。

ヒーローが会場の野次馬に「上ってこい、勝負だ」といって逆に野次馬にやられている図(笑)

  

仮装賞はパフォーマンスを含めて会場の拍手の多さで決まる。

 

さてお待ちかねの抽選会。

甲冑武者が番号を引く。

 

やはり米どころ。景品は米、酒、蕎麦が多い。

この人は米15?、蕎麦セット1箱、それに酒だったかな。持ちきれないのでスタッフが手伝っている。

そんな賞が何度発表されたことか。

ほかに酒漬けの刑(名酒1升)、釜茹での刑(温泉1泊)、それぞれ5〜7名くらいに当たった。

 

そしてメインは。

遠島の刑。なんと遠島先はハワイ!しかも5人!

当たった人に女武者に扮したディーラーがいちいち出身地をきいていたが、遠くは仙台、飛騨高山など。

結構ファンが多いんだね〜(^^)

自分もわくわくしながら笑い転げながらみていたが、残念、なにも当たらなかった(T_T)

 

昼ごろ解散となり、帰り道はうっすら雪が。

すでにノーマルタイヤ、ヒヤヒヤしながらの帰宅。

それにしても雪の多いところである。

 

来年もきっと来ます!

以前の画像は関係ブログ、主催者のページからお借りしましたm(__)m

76378

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/09 20:31

春が来た!

暖かい陽射しのつづく3月。雪は毎日ウソのように減っていく。

朝、氷が解けないうちに庭の凍っていた雪をツルハシで取り除く。

今の時期は、解けた雪を一日放っておくとツルツルになって歩くのも怖い。

 

暖かい春の光。心がウキウキしてくる。

 

オジサンは犬と二人でせっせと道路掃除をしていた(^^)

 

木の芽の空の色も、林の中もみ〜んな春色。

 

朝日を浴びながら散歩しているのはお隣のみいちゃん。

一緒にいたおばあちゃんは今日この道路を距離200mにわたって掃除してくれた。ありがとうございますm(__)m

♪歩き始めたみいちゃんが・・・(^_^)

 

家から裏方面に行くと曽田地区が広い空と一緒に見える。

そこへ行くまでの道を開けた。

もうじき春のお彼岸なのでお墓までの道を開けた。

ここはウチのお墓ではないが、お彼岸やお盆には近所同士(結中間?)でお互い墓参りをする風習がある。

春はすぐそこ!

76155

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/07 23:43

いまは秋、日本の秋

「いまは秋、日本の秋」

そう題されるこの曲は独唱曲。

白馬の郷土史家である田中欣一先生が作詞され、作曲家の飯沼信義先生が曲を作ったもの。

 

地元にある名曲を披露する機会をと企画され、わが山の音楽家の指揮者である長沢先生が歌を、伴奏は地元コーラスグループで伴奏を担当し、またピアノ教室を主宰する太田生子さんが演奏された。

 

先生の歌、いつものことながらとても表情豊か。

 

作詞された田中先生のコメント。

 

そして長沢先生が自らピアノを弾きながら曲の解説をされた。

作曲の飯沼信義先生は名曲メーカー。小谷中学の校歌も作曲している。

長沢先生はこの曲をさまざまな角度から分析し、和音構成、隠された裏旋律、さらにここは琴の音色であるとか、聴いてすぐ日本をイメージできる和音であるとか、素人がただ聴いてるだけでは知らずに終わることを解説した。

 

しかし・・・

先生、バンドの指導の中ではそんな難しいことを言ったことはない。

やっぱり先生がそういう解説をしたくなるようなバンドにならなきゃいかん(T^T)

 

「神城」

これも飯沼先生の作曲。

いつからか、私の大好きな曲のひとつになった。名曲である。

今回、先生の歌ったのを動画で撮ってみた。

簡単なカメラなので画像も音もよくないが、お聴きください。

こちら♪

75721

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/06 23:58

パソコンがクラッシュ!

パソコンで遊んでいたら、いきなりクラッシュ!

別に変なとこ触ってないと思うし、まさかウイルス?!

 

何度強制再起動しても同じこと(T_T)

やっとこさ、過去を復元するところまで追いついてなんとか元に近い状態で復元。

 

しかし!データは全部消えていた(T_T)/~~~

ネット関連も全部ログアウト状態(T_T)/~~~

お気に入りもなぁーんもなし(T_T)/~~~

漢字変換まで初期っぽいし・・・(T_T)/~~~

データ、特に写真。

そのうち外付けHDにと思いながらバックアップとってなかった(T_T)/~~~

 

こういう時つくづくよかったと思えるのはブログとfacebook。

やっててよかった。だいたいの画像はそこから拾える。

やっぱりバックアップは大事だ。痛感(;_:)

75562

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/04 23:16

なぜ走る・・・??

走る理由・・・・

すっかりズクなしになっている最近は走る理由はなかなか思いつかず、走れない理由はザラザラと出てくるようだ(^_^;)

 

今夜、歩道には雪がなくなった白馬をゆっくりとJogりながら、そんなことをつらつらと考えてみる。

いつもの時間帯に白馬町を走っている女性、誰だろう?

軽く会釈を交わす程度。

彼女の走りは早いペースではないが、走りに目的意識が感じられる。そしてランニング時間が長い。

 

では自分が、最近のズクなしでも走ろうと考えるのはなぜ?

レースがあるから?

ダイエット?

鍛錬?

だんだん短くなっていく(^_^;)

 

もちろん全部該当するが、自分で今一番走らなくては!と思うのは山へ行きたいから。

山へ駆け上がって駆け下りる、その体力を確保しておきたいから。

 

去年初めて山へ行き、山に目覚めた。こちら・・・

そして今年はあの山も、この山も行きたいといくつか目星をつけてある。

 

条件は日帰り。それは

荷物を少なくするため。

天候条件をクリアするため。

時間のやりくりを楽にするため。

そして山をふり返るため。

 

泊まることのメリットを何人かの方から教わった。

無茶をするつもりはない。

ただ、山で走れる体力があれば行動範囲が圧倒的に広がる、これは絶対に間違いない。

 

母の言葉を忘れてはいない。

「おまえ、自分の年を考えてあまり無茶をするなよ。」

74760

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/03 23:18

土谷地区雪あそび大会?

昨日は北海道では死者まで出た猛吹雪。

今日はうって変わって好天に恵まれ、土谷の雪あそび大会が行われた。

参加者は少ないが、いや〜おもしろかった。盛り上がった〜ヽ(^o^)丿

 

宝ひろいスタート!

どこだ!どこに埋まっている?

 

景品落とし。雪玉で景品を落としてGet!

こら、その棒を動かすな!

まだ小さくて雪の投げられない子はこんなのもあり。

 

そり専用のジャンプ台つきコースを整備。

 

土谷バトル!のカンジキ競争、女性の部。

新雪の上とは思えないスプリンターの走り。

こちらは前回画像。ん?スカート?(;一_一)

 

男子は自然発生的なバトル。

土谷はなんでもあり。タックル、押し転がしはもちろん、走りながら後ろの人を遠回りさせようとポールの位置を変えたりもする(-_-;)

今回は強敵2人が参加しなかったので一人押し転がして勝利(^^)v

前回の様子。私はスタート同時にすでに転がされていた(^_^;)

 

雪国ビギナーの参加者。

途中カンジキが脱げ、靴も靴下までも脱げてしまったというツワモノ。

 

お昼は室内で宴会&ビンゴ大会。

参加者が多い時は財政も豊かだったのでン万円の景品もあったが今はそんなわけにはいかない。

早い者勝ちで好きな景品を取れる。

かあちゃんへのお土産をGetしてきた(^^)v

 

土谷の日なたっこの会。

こんな親子がもっと増えるといいな♪

74586

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/03/02 22:11

除雪機が座り込みスト(・・;)

 ここ数日の高気温と雨に融雪はなはだしく、降るときと同じペースで雪が無くなったような気がする。

しかし、今日は一時的にこの降り。

 

わが家まではこうして家の前まで村の大型重機が入ってくれるので本当にありがたい。

 

お宮の除雪。

先日、ほかの人が屋根雪を落としてくれたので、今日は下の片づけ。

一度緩んだ積雪はガサガサして掘りにくい。

 

お宮を終えて、地区内の冬季不在の家に除雪に行ったところ、除雪機が!

除雪機が座り込みストを起こしてしまった。

オーガの油圧システムが壊れたか(T_T)

しょうがないから、今日のところは修理待ち(T_T)(T_T)(T_T)

74036

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]