13/07/25 23:36

白馬アルプスウォーター(仮称)

仕事の関係で「(仮)白馬アルプスウォーター」の地鎮祭に行ってきた。

 

場所は白馬乗鞍スキー場のすぐ下。

この広い元サッカー場に水の工場を作る。

 

会場へ入る前にお浄めをする。

 

神事。

3年間神社の氏子総代を務めさせてもらったおかげでこういう儀式がわかるようになった。

 

聞いた話。

この水は地下600mから汲み上げる。その量は毎分2000L。

この地下には蛇紋岩があり、蛇紋岩とは地球で最も古い、約40億年以前にできた石だという。

そしてその石を穿って水を上げているところは世界に2か所だけ、しかも1ヵ所は海底。

したがって、その超古代の水を飲料水としてくみ上げるのは世界でここだけ、ということだとか。

細菌がいないため、添加物などの必要はなく、とてもおいしい水だという。

これから急ぎ、工事を進め、冬のうちには販売するような段取りなのかな。

 

村当局としても雇用促進、村税増などに期待を寄せるところ。

村長さんは、これで小谷に「工場」が2か所になったとうれしそう。

 

来春には・・・

どんな味?どんなデザイン?

楽しみである。

125205

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0]