13/01/31 23:54

トライアスロン結果

日曜日に行われた氷上トライアスロンの完走証が送られてきた。

今年はずいぶん早い♪

タイムの割に順位がいいのは、出場選手が少ないからか。

優勝タイムとこれだけ時間差がありながら15位などというのは他のレースではありえない。

男子優勝の武田さんは3連覇?4連覇かな。

女子はルーキー、16歳の高校生が優勝をかっさらった。

14位の富井サン、68歳?!これはすごい!

 

今回はかなりリラックスして出させてもらった。

毎年出場をためらう最大の原因は、朝の寒さとスキーで奪われる体力である。

 

スタート付近の気温は毎年マイナス15℃以下。

朝のことゆえ、これから上がるであろう気温と、ランニングを厚着で行きたくないためほどほどの薄着にならざるをえない。

 

スキー靴で一斉スタート。これが意外と疲れる。

わずか100mほどのアップダウンをスキー靴で走って板を着けるのだが、初出場のときは思いっきり行ったらもはやスキーのビンディングを踏み込む力がなかった。

それから300mほどをスキーをはいて登る。ここがコースが狭く前に遅い人がいると抜けないため、上位を狙う人はツボ足競争で勝負をかけるわけである。

同様に次の滑降でも、前を微妙なスピードで滑る人がいれば抜くには危険が伴う。

 

他人の前に出ようとする競争はここまで。後はマイペースで行ける。

今年はその競り合うのを気張らずに出たつもりだったが、やっぱりスタートすればその気になってしまう。

 

滑降が終わり、最後の急傾斜登りまで来ると逆にホッとしながら登っていた。

「ここさえ登り切ればこんな邪魔なスキー装備を解いて身軽になれる」と。

 

トランジット1.

ギャラリーがトランジットの中に結構入りこみ、邪魔である。

靴を履きかえて走りはじめたら目の前にギャラリーが2〜3人。どいてどいて!と怒鳴ってしまった。

 

あとはマイペース。

練習不足、体重増で思うようには走れない。

 

2回滑って転倒し、それが刺激になったか、いい感じでランを終えてトランジット2.

スケート靴のヒモがちょっと緩かったが、30分の我慢だ、とかまわず滑り続ける。

スケート靴はしっかり紐を締めないと不安定になる。

 

こんな順位でリンクに入ったのは初めて、リンクがあまりきれいなのでびっくりした。

鏡のリンクは滑る!

もともとスケートは素人、格好など知ったことではない。とにかく前へ、前へ。

 

ただリンクを回るだけの退屈な競技ではあるが、競うとなればそれなりの面白味はある。

25周、10000m。

そして、ゴーーール!!

 

今年も楽しませてもらった。

実行委員の皆さん、地元の皆さん、ありがとうございました!

小海リエックス、なかなかあなどれないいいスキー場です!

66408

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]