13/01/06 16:23

八方尾根

昨日、午後から初滑り。八方尾根に行ってきた。

昨日の八方はこぉんな最高の天気。

 

今回は月末に出場する氷上トライアスロンに使用する用具の確認をしたかったので、短い板と長いディスタンスのストックで出かけた。

トライアスロンはスキーをはいて登る部分と滑降とがある。

登りは短く軽い板を、滑降は長くて重い板がほしい。

そのバランスを見極めるのが難しい。

で、用意した道具がこれ。

単なるアルペンとして使うには滑りにくくてつまらなかったので、今日は道具を変えて純粋にアルペンスキーを楽しみに行った。

 

自分のメインの板。

実は昨年、小谷を去った友人から新同品をいただいたもの。

「スキーのわかる人にあげたい」と彼は私に託してくれたが、今どきのスキー、あまりよくわかってはいない(^_^;)

でもさすが名門ダイナスター、実に使いやすい。カービングを使いこなせない自分が自然とカービングの滑りをしているように思える。

 

ダイナスター、それはクナイスルと並ぶ自分の大好きな銘柄。しかし今はクナイスルブランドはない。

 

ここでストックに注目!

自分で30年以上愛用しているストックはミズノ。 ポールにはっきりとBLUE IMPULSEの文字。

たぶん、社会人になって初めて自分で買ったストック。そして初めて自分で買ったスキーもダイナスターだった。

そして!

皮のヒモ!これは今では欲しくても手に入るまい。

亡き叔父がプロスキーヤーだったことから、道具はミズノ製品をずいぶん世話していただいた。

その叔父の形見でいただいたウェアは今日の吹雪でも暖かかった。

 

ジャンプ台付近の無料駐車場にいつもクルマを置かせてもらう。

わが家からここまで20〜30分程度。

 

下はこの程度の天気だが、上部兎平付近からウスバの上までは雪とガス。

視界極めて悪く、自分がどこにいるのかわからないような状態。

それでも10時から1時まで3時間、みっちりと楽しませてもらった。

 

ゴンドラ兎平駅ではこんな販売も。

掘り出し物がありそう♪

 

脚力の衰えは年のせい?

いや、同じ脚力でもスキーに乗ることでしか鍛えられない筋肉もある。初滑りではこんなもんだろ、ということにしておこう。

コブで吹っ飛ばされ、アイスバーンで落とされ、わずかな距離で太ももは乳酸で痛いほど。

 

しかし、昨日はコブだらけだった斜面が朝は平らになっている。

スタッフの方たちが夜中に整備してくれるおかげである。

 60005

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]