13/10/06 20:01

秋からの贈り物

去年は全国的に蕎麦が大豊作。国内生産高の半分を占める北海道では大暴落だったとか。

さて今年は???

・・・実が小さくてろくについてないような気がする。

期待はできないなぁ。

 

野沢菜の向こうに、倒れてはいても最後の輝きを見せるコスモス。

 

さてわが家のメインはナメコ。

これは去年伏せた榾木。今年が初めての秋、初めての収穫となる。

ナメコは榾木を動かすとその年は発生しなくなるので、動かさないように慎重に裏側に発生しているナメコを採る。

 

さて自分の大好物、ジコボー(イグチ)を探しに近くの林へ。

いつも発生する場所をキョロキョロ、ほーらあった♪

ちょい開き過ぎ。

ナメコやシイタケ、舞茸などは腐朽菌なので完全に枯れた木に発生する。

しかしジコボーやマツタケは生菌なので生きた木の根に発生する。したがって栽培ができない。

マツタケが高価である所以である。

 

藪の中を歩いてくるとバカがびっしりと体に着く。

この草の実、何というものか知らないが、この辺ではバカと呼んでいる。

 

本日の収穫(^^♪ 採ったのは全部かあちゃん。

 

さてこちらは舞茸の圃場。

今年は天然の舞茸が元気がいいようだが、わが家の圃場では全然その気がない。

夏中雨降りだったので水を与えなかったのが災いしたかと、今日から灌水を始めてみた。もう遅いかしら。

 

畑のすみに、取り残された小さなかぼちゃひとつ・・・

165813

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]