13/11/10 10:07

家に穴が!

わが家の別荘の住人から、事件です!と通報が入った。

この家は私の持家であるが、今年夏から村の特産室職員が住んでいる。

 

さてその事件とは??

 

きつつき。

キツツキが軒天に穴をあけてしまった、ということだった。

別に珍しいことではない。ふだん人のいないお宮の壁などはキツツキの穴だらけ。

 

大きな穴は2か所。

上ってみて、なんじゃこりゃ?

軒天は耐火ボードを張り付けてあった。建築のことはよくわからないけど、軒天に耐火ボードが必要?

雨風の当たる外壁に水に弱い耐火ボード?

手でさえ破れる。こりゃキツツキはさぞ楽な仕事だったことだろう。

 

さて何で塞いでおこうか。

ぶっつけ大工は壊してから次を考える。いーのだ!素人なんだから。

 

白馬の資材店にいって物色し、見つけたのはPP板。

これはいい!

カッターで切れる、柔軟性があるから取り付けるのに楽、水には強い、衝撃にも強いからキツツキも穴をあけられない。

色合わせもまあまあ。

ということで2か所をちゃっちゃっと補修。

 

住人は梯子を貸してくれれば何とかする、と言ってくれたが本来は大家の仕事。

といいながらもろくなことはせず、住人兼管理人みたいになっている。申し訳ない。

183144

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]