13/11/18 22:55

秋も終わり

ようやく時間の取れた日曜日、手ぐすね引いて待っていた母が畑へと誘う。

一度雪の下になった野菜を収穫。

白菜、けっこう虫に喰われている(T_T)

 

大根。

毎年は干葉(ひば)を作るので、もう少し雪が消えて葉っぱ狙いで収穫する。

 

大根の横にあるのは三角キャベツ。

 

野沢菜は雪で無残に折れている。

でも一度雪に合うと甘味倍増!かじってみたらこれがうまい!

 

夏の間活躍した物置。

以前雪につぶされてから折り畳み式にしてある。

中身を空にし、パタパタとたたむ時間は5分ほど。春になったらまたパタパタと組み立てる。

 

最高級ナメコ!

笠は大きく、しかしツボミ、色は濃い茶色、軸は太く、ほどよく濡れて光っている。

 

母は当座の野沢菜を洗う。

うまい洗いオケ(運搬二輪車)とトレー(プラスチックスコップ)を見つけてきた。

 

早い雪に驚かされたが、意外と根雪遅いんじゃ?

ふとそんな予感がした。

187485

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]