13/02/19 23:28

おじいさんの古時計

 母が言った。

時計のネジを巻いておいてくれ、と。

 

いまどき珍しいゼンマイ式の柱時計。

 

私の祖父母の金婚記念に子どもたちが贈ったもの。

明治に生まれ、激動の時代に大勢の子どもを育て、百姓をし、林を造り、機を織り、藁細工を造り、それらはすべて生きるために、子を育てるために行われた。

その祖父母の金婚記念、に父の兄弟たちはこの柱時計を贈った。

40年前のことである。

 

歌の「おじいさんの古時計」のように100年以上経っているわけではないが、今も現役で時を告げている。

 

平成7年の豪雨災害で改修したわが家。

時計をどうしようかと話したときに母は、この場所がいいじゃないかといい、玄関を入った正面に飾られた。

大きな家によく似合う趣きのある時計である。

71302

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]