13/02/21 19:22

練習日

さて先生はいつものごとく楽譜を書いてきて配る。

皆さん、曲を知らないからまず歌ってみましょう!と言いながら。

 

ホントに知らない。

現代の若ぇ衆の歌にはついていけないのが実情。

先生は少しでも曲に慣れさせようと苦心惨憺(-_-;)

ついていけないワタシたち・・・・

女々しくて女々しくて女々しくて(T_T)

先生が言う。

これはねえ、男がフラれた歌なんですよ。今はホントに女々しい男ばかりで困りますよねぇ(笑)

 

かくいう先生も年代的には知ってるわけではあるまい。

練習前に自分で何時間も研究し、楽譜にまで落としてくるのである。m(__)m

 

冬の練習日はほぼ決まった人しか来ない。

あとの人は春から追っかける。本番間際から追っかける人も。

根気のいい先生はそのたびに初めからやりなおすハメに。

 

バランスの悪い練習を終えて外に出てみれば白馬は吹雪の様相。

さむいっ~(・・;)

71676

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]