13/02/26 22:42

自分なりにトレンディ

メガネをつくった。

通常は遠・近・乱が混在したメガネを使っている。

遠も近もたいしたことはないのだが、乱視がひどい。裸眼で星を見ると10cmの横線に見える。

 

通常生活には今使っているメガネで問題ないのだが、演奏はちょっと違う。

だいたいメガネの老眼部分は下の方にあるため、メガネからのぞく角度によって見え方が違う。

したがって遠・近・乱混在だと楽譜を見るときにピンポイントが限られる。

しかも楽器の特性であまり顔を動かすことができない。

 

そこで農協のメガネ屋さんに相談したところ、では近をはずして乱と遠だけにして、演奏専用のメガネにしたらどうかとの案をいただいた。

それで作ったのがこのメガネ。今日届いたところ(^^)v

全部作り直すと高いのでフレームは今まで別にあったメガネのものを使用。

で早速実験。

これはいい!

今までは顔全体を動かさないと楽譜が全部見えなかったが、これは眼球の動きだけで楽譜全面がピンポイントで見える。

 

実験会場はサンテイン小谷のホール。

広いホールをひとり占め♪ 3月末まではタダで借りられる。

気持ちよかったー?(^o^)/

 

そして先生はこいつ。

デジタルのメトロノームは音がよく聴こえない、というか合わせにくい。

やっぱりアナログ、アコースティックが一番!

難を言えばネジを巻かなきゃいけないのがめんどくさいけど…

72771

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]