13/04/25 22:53

マウスピース

DENIS WICK SM4

今のところ自分の大本命。

響きがいい。音の広がりが明らかに違う。

といっても吹いてる人間が感じるだけで、聴いてる人にはたぶんわからないこと。

通常このSM4で練習しているが、できなくて困る部分はときに違うマウスピースを使ってみる。

 

WARBURTON。

倍音スラーの時、あるいはオクターブスラー、それに速いパッセージなどには素晴らしいレスポンスを発揮してくれる。

このWarburtonで出来るまで練習し、感覚をつかんだらSM4でやってみる。

そうすると同じようにできるようになる。

でもそれは自分流であって誰もがそんな練習方法をとるわけではない。

マウスピースはよほど形状の違うものでなければ、どれを使っても大差ないと思う。

要はノリと息の使い方。

 

一昨日先生に渡された譜面。なんじゃこりゃ!

ゆっくりテンポなのでなんとかなるが、ハイB♭は未熟者には悲鳴のような音しか出ない。

音を出すのが精いっぱいとか、パッセージをこなすだけで一苦労、ではいつまでたっても曲にはならない。

練習せい! 練習せい! 練習せい!

ぼちぼちやろ(^_^;)

89256

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]