13/05/19 16:28

ヤマメの放流

小谷村中土、元中土小学校下の中谷川岸に作られた親水公園。

平成7年の豪雨災害の折、この中谷川も一転暴れ川となり河川域に甚大な被害をもたらした。

復興後、護岸工事と同時にここに作られたのが親水公園である。

 

ここで日曜日の今日、ヤマメの放流が行われた。

主催は日本渓流釣り連盟。

各地から大勢の釣りキチたちが集まり、小谷からは青少年育成会の事業として地元の子どもたちが10人ほど参加した。

 

開会式の様子。

 

白馬の養魚場からヤマメの稚魚が到着した。

その数4000匹。

 

放流開始!

子どもたちがバケツに稚魚をいれてもらい、それを川に放す。

ヤマメって意外と動きがおとなしいようだ。

  

 

地元新聞社やケーブルテレビのカメラが子供たちにピントを合わせ、こっち向いて〜とか、よーし放せ、並んで〜などと注文が入る。

 

記念撮影。

こんなところに魚の絵が刻んであるとは知らなかった。

 

終わった後は渓流釣り連盟の皆さんが用意してくれたトン汁をいただく。

連盟の会長から説明があった。

ヤマメはいったん海に下り、サケと同じように再び同じ川に戻って来ると。

成魚の名前はサクラマス。

このサクラマスとは富山名物鱒寿司に使うのがそうだという。

ただ、小谷からの下流はダムだらけ、海にたどり着けるかどうかさえわからないが、釣りを楽しませてもらうからにはこうして自然の恵みに感謝し、放流をすることも大事なことだと言われた。

  

 

子どもたちからお礼の言葉。

次回はもっと大勢になるといいな!

98464

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]