13/05/04 21:45

村普請〜春祭り

蚕玉様(こだまさま)の祠。

地区のかなり高いところに、30mはあったかと思われる大きな岩があった。この上に蚕玉様という文字通り蚕を祀った祠がある。

地滑りがあって岩が露出したことから、この岩は半分以上破壊されたが祠はそのまま遺っている。

 

今は誰も蚕を飼ってはいないが、この祠を祀って今の時期に春祭りを行っている。

 

お祀りの前にはいつも村普請。冬の間に木の枝やごみの入った水路、そして道路を清掃する。

なぜ5月の連休にそんなことをするのかとの言葉も聞いたが、この習慣はずっと昔から。それにこの辺では5月の連休は行楽、という考えは少ない。春の百姓をするための貴重な休日なのである。水路とは雨水ばかりではない。当然田んぼの灌漑用水路も含まれる。

 

さて春祭りは各戸の得意料理が集まった手作り。

 

そして小谷では祭りや酒の席に欠かせないもの、それがこのモツ(ホルモン)。

風は寒かったけれど、皆で歓談しモツをつつきながら酌み交わす酒。

めんどくさく感じることもあるが、「故郷」を感じる楽しいひとときでもある。

91696

 

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]