13/06/25 23:50

フォルクローレ

グラシェラ・スサーナ

いつからファンだったのだろう。ずいぶん若いころ。

久しぶりにCDを聴き、気持ちは数十年遡っていく。

 

「アルゼンチンの歌姫」と呼ばれる彼女は頻繁に日本に来ていた。

それにしても・・・と思われるほど長野にもよく来ていた。そのたびに長野までクルマを飛ばした。

その美貌もさることながら、歌もうまかった。

 阿木 燿子・宇崎竜童による「愛の墓標」が最も印象に強い。酔えた。

 

そのスサーナの姉、クリスティーナ。低い声の妹とは違い、超ソプラノ。

夫婦で歌うフォルクローレ、フォルクローレというジャンルを初めて知った時である。

残念ながら夫ウーゴは早逝し、絶妙のアンサンブルは聴くことができなくなったが。

 もう一度レコードを引っ張り出してきて聴いてみようか。

強烈なハイトーンで歌うクリスティーナの「コンドルは飛んでいく」

ケーナの響き、チャランゴやギターのリズムで奏でるインカの歴史。

日本人なのに惹きつけられるのである。

111953

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]