13/07/28 21:20

高森町交流会?

高森町交流会記録写真集です。

毎年開催される高森町と小谷村の交流会、

今回は高森+南相馬町+小谷村10名、計73人のキャンプ。

 

午後に現地到着。始めのあいさつ。

 

午後からは夜の食事、アトラクション、ファイヤーストームなどの準備。

 

高森町のクマガイ楽団?(^_^;)

なんでも弾いていた。アコーディオンってすごい!もちろん弾けることもすごい!

 

ターザンロープ。

いたるところに子どもを退屈させないような仕掛けがある。

 

ふたたびクマガイ楽団。今度は紙芝居。

 

暑かった〜。で、かき氷(^^)v

 

さて食事の準備は。

これはスタッフのGさんたちが作るトン汁。

 

まだ撮っちゃだめ〜というのを撮ってしまった(^^♪

じゃがバター!

 

これは五平餅。

このあたりの五平餅はご飯を練ったものを径7〜8cmくらいに作り、それを2個づつ串に刺して焼くのだという。

問題は味噌。

これにつける味噌は各戸の秘伝であり全部味が違うのだとか。

 

とうもろこし!

 

こんなふうに各班ごと違うものを作り、できたところから子どもたちがマイクで呼びかける。

「5班の焼きそばができました!取りにきてください!」という感じ。

 

そして夜はファイアーストーム。

火を囲むのが好きなのは人間が進化し、生きてきたルーツによるのかな?

 

ここで昼間練習した班ごとのアトラクションが披露される。

歌あり、怪談話あり、組体操あり、みんなよく考えたじゃないか♪

 

山ほどあった花火がたちまち煙になってしまった。

これは「花火をする」のではなく、「花火を焚く」のじゃないか(^_^;)

 

夜食に地元の桃が出てきた!早い!もう採れるのか。

そして、うまい!この桃はうまい!

 

さて2日目は天竜川でチューブ下り。これを楽しみに参加した子も多いようである。

事前説明は念入りに。事故は絶対あってはならないのだから。

 

今年はいつになく水が少ないそうである。

広い川をゆっくりと、桃太郎と瓜子姫がどんぶらこ、どんぶらこと流れていく。

 

下流では地元のカヌークラブの人たちが浮輪のついたロープを投げて岸に上げてくれる。

このロープが届かない子どもにはすぐにカヌーがかけつけて岸まで寄せてくれる。

 

お風呂、お昼をいただき、ついにお別れの会となる。

好天に恵まれた2日間、みんないい表情してる(^^)

 

わずか2日ではあったが、すっかりうちとけた子どもたち、懸命に手を振ってくれる。

冬は小谷へ来てね〜!待ってるよ〜!

 126262

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]